イタリア・日本、防衛研究センター合意

ビュー

東京のイタリア大使館ではと「ハイ防衛研究センター(CASD)と防衛研究のための日本の国立制定(NIDS)から戦略的研究の分野での協力の協定を締結しました。 大使ジョルジオ・スタラーチェeaccompagnato dall'addetto防衛、大佐フランチェスコジョルダーノ、出席式典は、NISD社長達夫山本からのゲストを見て、空軍大佐高安山下。 2つのカウンターパート機関、NIDSとCASD、および防衛・安全保障分野で「副高い経営研修。 彼のオープニングスピーチの中で、大使スタラーチェはCASD、一般の社長に感謝しました。 CAマッシモ・デル・カサーレ、合意がいかに重要であるか強調するこれらの月の貴重な仕事のための「もう一つの防衛の分野で両国間で開始連結コラボレーション作品、および研究のレベルの基準ツール。」 本日の合意と「国防両省間の協力と交流に関する覚書の結果は、東京への訪問中ロバータ・ピノッティ大臣月2017に署名しました。 「それは仏パートナーシップの戦略的重要性の」更なる証拠は、」 - 大使スタラーチェは、防衛の一般的な事務局が統合さレオナルド団の一致に達した合意は、日本のカウンターパートと一緒に勉強する」と付け加えました防衛部門におけるプロジェクトの協力の見通し。

 

イタリア・日本、防衛研究センター合意