Abi:銀行、顧客獲得はデジタル化

銀行にとって、新規顧客へのサービスの特定とアクティブ化は基本的なプロセスであり、デジタル化(デジタルオンボーディング)された場合、顧客に対する提案の大幅な改善を保証し、商業および市場開発戦略をサポートできます。 現在までに、56%の銀行がデジタル顧客獲得サービス(オンボーディング)を提供しており、さらに17%が今年後半に導入する予定であり、22%が3年以内に導入する予定です。

これは、ABIが推進する銀行の研究とイノベーションのためのコンソーシアムであるAbi Labが作成した8番目の年次報告書に含まれる銀行のサンプルに関する調査から明らかになり、デジタルバンキング。

この調査によると、PCインターネットバンキングは、Web経由で顧客を獲得するプロセス(デジタルオンボーディング)をアクティブにしているサンプルバンクで常に使用されるチャネルであり、さらにこれらの50%がスマートフォンアプリでもそうする可能性を提供することが示されています電話(モバイルサイト)でアクセスできるWebサイト、およびタブレットアプリケーションからも30%が追加されます。

顧客のデジタル取得とは、主に当座預金口座とプリペイドカードの有効化を指します(インターネットバンキングではサンプル銀行の54%、モバイルバンキングでは25%)。 ただし、2020では、インタビュー対象の銀行の60%を超えるローンと預金口座がオファーに含まれています。 銀行の29%は、現在、非銀行の商品とサービスに対してデジタルアクティベーションプロセスを実施していると報告しています。関心は主に、デジタルアイデンティティに関連する保険セクターとサービスに向けられています。

Abi Labの調査から、顧客のリモート識別の方法の中で、ビデオによる認識が最も広く普及しており、とりわけインターネットバンキング(インターネットバンキングの銀行の45%とモバイルバンキングの25%)が割合が2倍以上であることが明らかになっています2019の最後。 以下は、指紋(インターネットバンキングの9%とモバイルバンキングの25%)や写真による認識(インターネットバンキングの18%とモバイルバンキングの13%)などの生体認証の形式です。 2019の終わりにモバイルで提供する2つの銀行。 ほとんどの場合(インターネットバンキングの64%、モバイルバンキングの75%)、これらの識別方法は、強化されたチェックに一緒に使用されます。 デジタルオンボーディングプロセスで使用される署名の中で、デジタル署名が最も普及しています。回答者の67%がインターネットバンキングでの使用を宣言し、モバイルバンキングで70%を使用しています。 高度な電子署名はあまり使用されません。

デジタルサービスをリモートで有効化できることにより、顧客は特定の個人的なニーズに基づいて銀行のオファーを構成する製品を柔軟かつ革新的な方法で選択することができます。

Abi:銀行、顧客獲得はデジタル化