アビと労働組合が付加給付について話し合う

アビと労働組合組織のファビ、ファースト・シスル、フィサック・シギル、ウイルカ、ウニシンは本日会合し、従業員に与えられたローンの課税メカニズムによって決定される特殊な影響によって労働者の間に生じる負担の大きい状況の問題にも取り組んだ。いわゆる付加給付の一部。

現在の税法の制定と公的参照金利 (TUR) の傾向は、ECB が決定する変更の影響を受けるが、特に固定金利住宅ローンに対して完全に不適切で歪んだ影響を生み出しており、その結果、住宅ローンの計算値に課税されることになる。これは、ローン契約の規定の根底にある従業員の実際の利益の価値評価とはまったく関係のない要因、したがって従業員の支払い能力とはまったく関係のない要因に基づくものです。 その結果、関係する労働者は不当な賦課金によって純賃金が大幅に削減されることになります。

アビとOSLは共同で、27月2023日に送った書簡に続き、理事会議長国、経済財政省、労働省に書簡を送り、次のように述べている。議会質問への最近の回答で、政府を代表して経済財務省は、不当で負担の大きい増額を回避するために、記載された状況を解決するための介入をXNUMX年までに実施するという約束の必要性を強調した。これは、議会の質問に対する前述の回答で強調されているように、対応する支払い能力の増加がなければ発生するであろう。

アビと労働組合は、この件に関する主務省庁との会合も要請することに同意した。

アビと労働組合が付加給付について話し合う