Abi:更新および強化されたモラトリアムは、イタリア全土ですでに運用されています

Abi:更新および強化されたモラトリアムは、イタリア全土ですでに運用されています

アビとビジネス協会との間の合意は、イタリア全土ですでに実施されており、これにより、停止または延長を要求する可能性は、31年2020月XNUMX日まで付与されたローンにまで拡大されました。

モラトリアムは、疫学的緊急事態「COVID-19」によって被害を受けた零細、中小企業への融資を指します。 ローン分割払いの元本部分の支払いの停止は、最大XNUMX年間要求できます。 一時停止は、農業手形の発行を通じて完了した中長期のローン(住宅ローン)、およびリース、不動産または証券取引にも適用されます。 後者の場合、一時停止は、リース料の暗黙的な資本分配に関係します。

ローンの延長操作の場合、ローンの満期の最大延長期間は、償却の残存期間の100%に達する可能性があります。 短期クレジットおよび農業管理クレジットの場合、最大満期延長期間はそれぞれ270日および120日です。

契約では、可能な場合、銀行は契約自体で規定されているものよりも有利な措置を企業に適用する可能性があり、対応の最大限の適時性を確保するために、予備調査手続きが加速されることが望まれます。

ABI、イタリア協同組合(AGCI、Confcooperative、Legacoop)CIA-Agricoltori Italiani、CLAAI、Coldiretti、Confagricoltura、Confapi、Confedilizia、Confetra、Confimi Industria、ConfindustriaおよびNetwork of Italian Companies(Casartigiani、Cna、 Confartigianato、Confcommercio、Confesercenti)は、中小企業向けの保証基金の運用を拡大し、クレジットへのアクセスを促進するための追加措置を要請しています。

融資期限の停止または延長の実施を促進するために、ABIおよび署名企業の代表協会は、権限のある欧州および国内当局において、現在の監督規定の修正を促進することを約束します。現在のような緊急事態に必要な耐性(いわゆる寛容)。

Abi:更新および強化されたモラトリアムは、イタリア全土ですでに運用されています