空軍。 カリアリからミラノに輸送された生命の危険にさらされている幼児

ビュー

Ilpiccoloappenanatoèstatoimbarcatoall'internodi una culla termica su un Falcon 900del31°Stormo

Nella prima mattina di domenica 19 settembre、un Falcon 900del31°Stormodell'Aeronautica Militare ha effettuato un trasporto sanitario d'urgenza per un bimbo di appena un giorno、bisognoso di cure Specialtyiche urgenti、dal Policlinico di Monserrato(CA)al di San Donato(MI)。

Il volo d'urgenza、richiesto dalla Prefettura di Cagliari、èstatoimmediatamentedisposto e coordinato dalla Sala Situazioni di Vertice del Comando della Squadra Aerea、la sala operativa dell'Aeronautica Militare che ha tra i propri compiti anche quello sanitari urgenti、dando l'ordine di decollo ai velivoli che la Forza Armata tiene pronti、24 ore su 24、in varie basi、perquestogeneredinecessità。

早朝にチャンピーノ空港から離陸した同機は、8時間強でカリアリ空港に到着した。 小さな患者を特別なサーマルクレードルに乗せ、医療チームの助けを借りて父親を連れて行った後、軍用ジェット機はすぐにミラノリナーテ空港に向けて出発し、午前40時XNUMX分に着陸し、そこから救急車で子供が到着しました。サンドナートミラノポリクリニックに移管されました。 その後、乗組員は、運用準備サービスを再開するために、チャンピーノ基地に向けて出発しました。

このタイプのミッションは、綿密な組織と確立された手順によって保証されている最大の適時性から切り離すことはできません。 空軍の飛行部門は、24時間年中無休でコミュニティに利用可能であり、複雑な気象条件でも、差し迫った生命を脅かす人々だけでなく、緊急の輸送を確保するために、車両と乗組員が操作できます。また、移植、医療チーム、救急車用の臓器もあります。

空軍。 カリアリからミラノに輸送された生命の危険にさらされている幼児