世界的な戦略的利益の交差点であるアフガニスタン

ビュー

(Massimiliano D'Eliaによる)トルコとカタールは今日、アフガニスタンの西側世界の基準になり、彼らの外交と諜報ネットワークは国内で日々成長しています。 主な目的:可能な限り、 中国 e ロシア、唯一の国、と一緒に パキスタン、カブールに大使館を開いたままにしている人。  

タリバンと歴史的に非常に密接な関係を持つ他のXNUMXつの国があります。 パキスタン、L 'サウジアラビアアラブ首長国連邦、非常に「液体」であり、容易に可燃性である、物議を醸しているアフガニスタンの文脈ではまったく二次的な役割を果たしていません。

これらすべての国の間の接着剤は、アメリカ人によってプロジェクトの中心に置かれたタリバンであり、非常に複雑で非常に壊れやすいウェブの紐を織ります。 

つまり、カタールで何年にもわたってホストされている新しいタリバンの指導者たちは、西側世界との対話を望んでおり、彼らの領土から約3兆の資源を抽出するために、外国勢力の助けを借りて、初期のイスラム首長国をゼロから構築したいと考えています。 しかし何よりも、彼らは国際社会からの認識を求めています.

歴史はまた、彼らが権力を握っていた90年代にタリバンを認めた唯一の国が パキスタン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦。 11年2001月XNUMX日の同時多発テロの後、関係は中断されましたが、最古のタリバーン指導者とは非常に秘密にされていました。

今日は違います、若いタリバン指導者は カタール  と トルコ スムーズに マウント 西洋との対話に。 実際、タリバンがカブール国際空港の修復をトルコとカタールの技術者に委託したのは偶然ではありません。 一方、地上で男性を失った西側諸国(イタリア54)は、首長国の憲法プログラムの傍観者として賢明に守られています。

Il カタール代わりに、それは彼らに西洋人との保護と特権的な経路を保証し、アメリカ人との外交関係の重要なネットワークを厚くするので、タリバンの信頼を楽しんでいます。 実際、ドーハでは、アメリカとタリバンの代表が2020年XNUMX月の合意条件を交渉しました。昨年XNUMX月、カタリスはタリバンとの関係を利用して、米国を含む多くの西側諸国がアフガニスタンから市民を避難させるのを支援しました。

のリンク トルコ アフガニスタンでは、それらは歴史的かつ象徴的です。 中央アジアの国には、ペルシア語を話すトルコ語の部族がたくさん住んでいます。 さらに、タリバンの指導部は、トルコを今世紀にイスラムカリフ制を復活させようとしているオスマン帝国の相続人と見なしています。 さらに、トルコはまた、タリバンの最も近い国際的な同盟国であるパキスタンと外交的に同盟を結んでいます。 さらに、トルコ軍はXNUMX年以上カブール空港に駐屯しており、現在もアフガニスタンの首都に駐留しています。 ここ数週間、西側の外交官が必死にカブールから逃げ出したとき、トルコ当局はタリバンの指導者に会い、将来の計画を立てるために首都に留まった。

最終的には カタールトルコ (これはの一部です 生れつき)タリバンに何かを提供できる唯一の国です 中国, ロシア e パキスタン 彼らはできません:米国とその同盟国との安全な連絡線、そして、なぜそうではないのか、国際社会による将来の認識の可能性。

アフガニスタンとその鉱物資源はすでに中国とロシアの十字線にあります

アフガニスタンには、石油、鉄、金、貴重な宝石、銅、リチウム、希土類の鉱床など、膨大で不特定の鉱物が豊富にあります。 カウンターバリューは、アメリカ人によって24兆ドルと見積もられているIlSoleXNUMXOreを書いています。 

米国の同国からの撤退、それに続く連立同盟国の撤退は、その地域およびそれを超えて戦略的利益を有する人々にとって魅力的な機会です。 中国 e ロシア 彼らはすでにゲームに参加しており、新しい統治者であるタリバンの承認を得て大使館を開いて運営しているのは彼らだけです。 アフガニスタンは中国の「シルクロード」の一部ですが、炭化水素の分野におけるロシアの利益にとっても絶好の機会です。

次に、TAPIプロジェクトの問題があります。 6年2020月XNUMX日、歴史的な署名の数日前アメリカ人とタリバンの間のドーハ合意 (29年2020月XNUMX日)、トルクメニスタンの外務大臣、 ラシッド・メレドフ、トルクメン外務省の上級代表およびムッラーが率いるタリバン運動の政治局からの代表団と会談した アブドゥル・ガニ・バラダール。 会議の理由は、アフガニスタンの安全保障の問題であり、タリバンによる国の乗っ取りで本日解決された。 トルクメニスタンは実際、TAPIプロジェクト、またはトルクメニスタン、アフガニスタン、パキスタン、インドを横断するガスパイプラインを継続する予定であり、Galkynysh-TAPI Pipeline Company Limitedがアジア開発銀行(ADB)の参加と支援を受けて開発しました。ワシントンの無条件。

中国はすでに重要な鉱業免許を保有しているため、すでに他のどの国よりも進んでいます。 (汚職疑惑による汚染について)最も争われているのは  Mes Aynak、(翻訳:銅の少量の供給源)これにより、中国は11,3年間、世界最大の銅鉱床から抽出できるようになります。これは、旧アフガニスタン政府が推定した2007万トンの金属です。 中国のChinaMetallurgical Group(Mec)とJiangxi Copperは、XNUMX年にXNUMX億ドルの入札を勝ち取りました。 

ファラオの中国のプロジェクトには、古代の仏教僧院がある考古学地域がある地域に、石炭火力発電所、水道網、パキスタンとウズベキスタンへの鉄道も含まれています。 これらの地域には、重要な採掘現場であるハジガクもあります。ハジガクは、約2万トンの鉄を含む鉱床で、山の中に32キロメートル以上にわたって広がっています。 次に、その地域には、使用される希少な貴金属であるニオブの堆積物もあり、防衛部門での用途のためにSole24Oreを書いています。

中国はまた、アムダリヤ川沿いの2011つの油田に関連して、23年に1,8年間、中国石油天然気集団(Cnpc)に割り当てられた石油ライセンスの保有者でもあります。 石油の不足はありません。実際、国の北部では、XNUMX億バレルの石油とガスが発見されています。 

このすべての商業的価値において、イタリアを含む3000年間戦ってきたNATO諸国は、54人以上の死者を地上に残したにもかかわらず、受け入れられていません(イタリアXNUMX)。 彼らは私たちをアフガニスタンの人々への裏切り者として賢明に描写しているので、新しい契約で今日タリバンに対処することは本当に難しいようです。

世界的な戦略的利益の交差点であるアフガニスタン