アフガニスタン:Isis-kは元軍の特殊部隊とアメリカの訓練を受けたエージェントを参加させます

ビュー

(Massimiliano D'Eliaによる)予想通り、アフガニスタンは国際メディアの注目を集めています。 タリバーンは、ドーハ合意の約束にもかかわらず、彼らの法律を継続します。それは明らかに厳格であり、新生児のイスラム首長国と社会のあらゆる形態の西洋化に反対しています。 存在しない経済に直面し、見通しがほとんどないため、人口が生活条件を改善するためにいくつかの一歩を踏み出すことができる可能性はありません。

アフガニスタンからの米国の急いでの展開の後、欧州連合は、前例のない難民の流出を回避するために、この地域の「リードブロック」としての地位を確約したいと考えています(G20のエルドアン首相は、アフガニスタン難民を歓迎しないと述べました)。 しかし残念ながら、ブリュッセルのアイデアは不明確であり、その領域での中国、ロシア、インドの口径の俳優の利益に直面して互いに矛盾しています。 薄っぺらなEUの外交政策を支援することは、二次的な考慮事項ではありません。欧州共通の防衛と5000ユニットのミニ軍に対する意図の宣言を除いて、まだ欧州軍はありません。

今日、タリバーン政権に反対したのは、国の北部で、 アフマド・マソウド、反ソビエトおよび反タリバン司令官の息子 アフマドシャーマスード。 しかし、彼らはパキスタンの諜報機関と無人機の助けのおかげで、電撃戦でタリバンに敗北した。 彼らのほとんどはそれ以来国を逃れました、それは彼らがとして知られているテロリストグループに加わったことを意味します Isis-K (シリア-ホラーサーン州から)。 言うのは難しいですが、おそらくアフガニスタン首長国を不安定化させるというかすかな希望がIsis-Kから正確に生じる可能性があります。 その結果が国の運命をまったく変えないとしても、ある政権を別の政権に置き換える。

Isis-Kは実際、それ自体を再編成しており、エリート特殊部隊のアメリカ人とアフガニスタンの諜報機関によって十分に訓練された一部のメンバーがタリバンと戦うためにイスラム国に参加しているという新しい米国諜報報告を確認しています。 これらの新入社員は、アフガニスタンのイスラム国に、今後数か月または数年でグループを倒すのを困難にする可能性のある新しいスキルと高度なスキルを提供するため、西側のオブザーバーにとっては警戒すべきです。


タリバーンが政権を握った後、多くのアフガニスタン人、主に軍と治安部隊のメンバーは、彼らが殺されることを恐れて、仕事に復帰しなかった。 ウォールストリートジャーナルによれば、「比較的少ないが増加している」数のアフガニスタンの治安および諜報機関の元メンバーが現在ISIS-Kに参加している。彼らは、米国による非正規戦争および諜報収集の訓練を受けている」とWSJは述べている。 報告書はまた、この入隊の理由についても報告している。ISIS-Kに参加する人々は、彼らが脱走兵リストに載っていて死刑を宣告されていると確信しているので、定期的な収入を確保し、タリバンと戦うことを望んでいる。

アフガニスタンとその鉱物資源はすでに中国とロシアの十字線にあります

アフガニスタンには、石油、鉄、金、貴重な宝石、銅、リチウム、希土類の鉱床など、膨大で不特定の鉱物が豊富にあります。 アメリカ人が推定したXNUMX兆ドル相当の価値。 

米国の同国からの撤退、それに続く連立同盟国の撤退は、その地域およびそれを超えて戦略的利益を有する人々にとって魅力的な機会です。 中国 ロシア 彼らはすでにゲームに参加しており、新しい統治者であるタリバンの承認を得て大使館を開いて運営しているのは彼らだけです。 アフガニスタンは中国の「シルクロード」の一部ですが、炭化水素の分野におけるロシアの利益にとっても絶好の機会です。

次に、TAPIプロジェクトの問題があります。 6年2020月XNUMX日、歴史的な署名の数日前アメリカ人とタリバンの間のドーハ合意 (29年2020月XNUMX日)、トルクメニスタンの外務大臣、 ラシッド・メレドフ、トルクメン外務省の上級代表およびムッラーが率いるタリバン運動の政治局からの代表団と会談した アブドゥル・ガニ・バラダール。 会議の理由は、アフガニスタンの安全保障の問題であり、タリバンによる国の乗っ取りで本日解決された。 トルクメニスタンは実際、TAPIプロジェクト、またはトルクメニスタン、アフガニスタン、パキスタン、インドを横断するガスパイプラインを継続する予定であり、Galkynysh-TAPI Pipeline Company Limitedがアジア開発銀行(ADB)の参加と支援を受けて開発しました。ワシントンの無条件。

中国はすでに重要な鉱業免許を保有しているため、すでに他のどの国よりも進んでいます。 (汚職疑惑による汚染について)最も争われているのは  Mes Aynak、(翻訳:銅の少量の供給源)これにより、中国は11,3年間、世界最大の銅鉱床から抽出できるようになります。これは、旧アフガニスタン政府が推定した2007万トンの金属です。 中国のChinaMetallurgical Group(Mec)とJiangxi Copperは、XNUMX年にXNUMX億ドルの入札を勝ち取りました。 

ファラオの中国のプロジェクトには、古代の仏教僧院がある考古学地域がある地域に、石炭火力発電所、水道網、パキスタンとウズベキスタンへの鉄道も含まれています。 これらの地域には、重要な採掘現場であるハジガクもあります。ハジガクは、約2万トンの鉄を含む鉱床で、山の中に32キロメートル以上にわたって広がっています。 次に、その地域には、使用される希少な貴金属であるニオブの堆積物もあり、防衛部門での用途のためにSole24Oreを書いています。

中国はまた、アムダリヤ川沿いの2011つの油田に関連して、23年に1,8年間、中国石油天然気集団(Cnpc)に割り当てられた石油ライセンスの保有者でもあります。 石油の不足はありません。実際、国の北部では、XNUMX億バレルの石油とガスが発見されています。 

このすべての商業的価値において、イタリアを含む3000年間戦ってきたNATO諸国は、54人以上の死者を地上に残したにもかかわらず、受け入れられていません(イタリアXNUMX)。 彼らは私たちをアフガニスタンの人々への裏切り者として賢明に描写しているので、新しい契約で今日タリバンに対処することは本当に難しいようです。

アフガニスタン:Isis-kは元軍の特殊部隊とアメリカの訓練を受けたエージェントを参加させます