免疫グロブリン産生と欠乏リスクに関するMDS-AIFA-CNS-Regions-Farmindustriaワーキンググループが開始されました

免疫グロブリンに関する作業部会が正式に発足し、保健省、イタリア医薬品庁、国立血液センター、地域および農業の代表者が参加する初のバーチャル会議が行われた。

当グループの目的は、血漿分画製剤の供給の問題に組織的かつ組織的に対処し、潜在的な不足状況に直面して事前に介入して、これらの薬剤の入手可能性と真に必要な患者への治療の継続を保証することである。 。

「この問題に対処するために選択されたアプローチは、AIFAが異なる起源の原因に関連する医薬品流通の利用不能などの他の問題に適用して成功したものと同じだった - AIFAのニコラ・マグリーニゼネラルマネジャーはコメント - 同じテーブルにいたこのような重要な問題に関心を持つすべての官民関係者が、国の利益と患者の保護のために、短期的にすでに運用上の成果を達成するための基礎となる可能性があります。」

「私たちは欠乏症を防ぐための行動方針をすでに特定しています」とCNSディレクターのヴィンチェンツォ・デ・アンジェリスは言います。「自給自足にできるだけ近づくためには、まず血漿採取量を増やすために行動しなければなりません。 また、臨床治療用途の適切性を最大限に高めるためのシステムや、生産収量を増加できる産業技術の改善も必要です。」

イタリアでは、ドナーから採取された血漿は免疫グロブリンの国内必要量の約75%をカバーするのに十分であり、地域間の自給率には非常に顕著な差がある。 医薬品の残りの部分は国際市場に流通しています。 製造には、主に世界の血漿の67%を採取する米国で採取された血漿が使用されます。 最近、一部の患者団体は、パンデミックによる回収量の減少に関連して、多価免疫グロブリン療法へのアクセスが将来的に困難になる可能性についての懸念を報告している。 この問題はグループの最初の会合で取り上げられ、この会合には定期的に対話者となるGAEF(ファーミンダストリア血液製品グループ)の代表者も出席した。

作業部会は患者団体の代表とも連携する予定だ。

免疫グロブリン産生と欠乏リスクに関するMDS-AIFA-CNS-Regions-Farmindustriaワーキンググループが開始されました