各レベルの学校の通常の大会に向けたテストが開始されています

ヴァルディタラ:「不安定雇用を減らし、教育の継続を促進するための重要な一歩」

保育所、小学校、中等教育学校1・2級の一般職および補助職の教員採用を対象とした一般公募の筆記試験が3月11日(月)から実施される。 11年373.000月69.117日から303.687年11月2023日までに入学願書を提出した受験者は約9万2024人(保育園と小学校が15.340万29.314人、中学校がXNUMX万XNUMX人)。保育園と小学校にはXNUMX万XNUMX人、中学校にはXNUMX万XNUMX人が空きがある。

ジュゼッペ・ヴァルディターラ教育功労大臣は、「このコンテストと将来の採用は、教師の評価と不安定雇用との戦いにおける前進を示すものである」と宣言した。これは、全国の生徒に質の高い教育を保証し、教育の継続性を促進することを目的とした重要かつ必要な措置です。」

このテストは新しい方法に従って構成されており、懲罰以外の内容の 50 問の多肢選択式の質問が含まれています。具体的には、各志願者は教育的内容の 10 問、心理教育的内容 (インクルージョンに関する側面を含む) の 15 問、方法論的教訓的内容 (評価に関する側面を含む) の 15 問、英語の知識に関する 5 問に回答する必要があります。 5. デジタル技術の教育利用について。特に規律的な側面は口頭試験で取り上げられ、筆記試験で少なくとも 70/100 点を獲得した受験者が受験することができます。

テストは受験者が参加を申請した地域で実施され、受験者数に応じて午前と午後の複数のセッションに分けて実施される場合があります。保育園と小学校に関する試験は11月12日と13日に予定されている。中学校のテストは3月13日に始まり、19日まで土日を除く5日間実施される。

各レベルの学校の通常の大会に向けたテストが開始されています