Abbaエバ・ガイドライン案の実行委員会

局長ジョバンニ・サバティーニからの報告に基づき、アントニオPatuelliを委員長とABIの執行委員会は、協議の銀行当局は、「減損貸出金の管理上の原稿ガイドのドラフト検査の行をし、再構築」を立ち上げましたヨーロッパ(EBA)8 March 2018。

この方法では、執行委員会は、まず欧州理事会の決定を行ったECB-SSM、3月2017に制定された不良債権の管理に関するガイドライン次EBAの顔」で場所協議文書として明らかにしました今の前にヨーロッパの立法過程を追跡する必要がありますその後、月2017と欧州委員会の提案に完成する提案補遺ECB-SSMの協議が続いた不良債権問題、上のアクションプランを定義された7月2018コミュニティ標準になる

執行委員会は、EBAのガイドラインとECB-SSMのガイドラインとの間のコンバージェンスに注目し、一方で、ガイドライン(EBAおよびECB-SSM)は補遺および欧州委員会の提案彼らは部分的に異なる論理上を移動する。

執行委員会は、第一次ルール、第二次ルール、ガイドラインの迅速な継承は、必ずしも調整されておらず、法律的確実性を保証するものではなく、銀行セクターによる規則への適応を促進せず、支持を支持しないと考えている。企業や家族に

EBAのガイドラインは、不良債権の高い銀行のカテゴリの識別の目的のために詳細な定量的閾値を導入します。 この閾値は、NPL比率(総減損貸出金及び総ローンとの間の比)の5%の値に固定されます。 この点で、この値は、特にEU加盟国間の債務の回復時間の司法手続において、という点で有意差の持続性に照らして十分に正当化されません。

EBA協議への対応は、6月8の期限を満たすために、5月に執行委員会に提出される予定です。

Abbaエバ・ガイドライン案の実行委員会