幼年期と初等の通常の競争、教育省の数

学校、通常の幼年期および初等競技への参加のための76千を超える申請、430年生およびXNUMX年生の中学校のためのXNUMX万人以上

通常の幼年期および初等競技への参加は76万430千を超え、31年生およびXNUMX年生はXNUMX万人を超えます。 これらは、申請書提出の締め切り後に文部科学省が実施した調査から明らかになったデータです。締め切りはXNUMX月XNUMX日に設定されました。

「参加の需要は非常に高いです-教育大臣ルシア・アッツォリーナは指摘します-。 簡単に説明できる事実:競技会が開催され、開始が長すぎるため、多くの期待がありました。 将来のために、より良い計画があることを確認する必要があります。通常の国では、競争は遅くとも78年ごとに行われる必要があります。 また、この理由から、政府として、私たちは競争機械を再起動し、子供時代、小中学校の間のXNUMXの場所を禁止したいと強く望んでいました。 しかし、私たちはさらに目を向けなければなりません。彼らの将来の仕事について不安定に教える人々と、続く道で教え始めたい人々に確実性を与えます。 教えること-アッツォリーナは続けます-魅力的で尊敬される職業に戻らなければなりません。 私たちは教師にもっとお金を払って、教授職にたどり着くための特定の道を作らなければなりません。 また、参加申し込みのデータが示すように、小学校や幼稚園で教える男性がほとんどいないなど、いくつかの傾向を逆転させています。」

主なデータ

普通の子供時代と一次競争

幼稚園と小学校の通常のコンテストでは、76.757の申請が提出され、候補者の96%が女性、4%が男性です。 利用可能な12.863の場所があります。

候補者の年齢を参照すると、13,9%(10.683人の候補者に等しい)は30歳までの年齢であり、32,4%は31〜40歳です(24.856)、41,5、 41%は50から31.871の間(12,2)、50%は9.347を超えています(XNUMX)。

複数の申請が提出された地域は、ロンバルディア(12.149)、ラツィオ(9.868)、トスカーナ(8.114)です。

地理的な起源については、候補者の33,6%が北部地域(エミリアロマーニャ、フリウリヴェネツィアジュリア、リグーリア、ロンバルディア、ピエモンテ、トレンティーノアルトアディジェ、ヴァッレダオスタ、ベネト)から来ています、22,1センター(ラツィオ、マルケ、トスカーナ、ウンブリア)から44,2%、南部および島々(アブルッツォ、バジリカータ、カラブリア、カンパニア、モリーゼ、プーリア、サルデーニャ、シチリア)から0,1%。 XNUMX%は海外から来ています。

個々の地域を見ると、最大の候補者はシチリアから来ています(9.116、全体の11,9%)。 ロンバルディア(8.366、10,9%)とカンパニア(8.151、10,6%)が続く。

通常の二次競争IおよびIIの学位

430.585年生と64年生の中学校に36の申請が提出され、候補者の33.000%が女性、XNUMX%が男性です。 利用可能なXNUMXの場所があります。

候補者の年齢を参照すると、30,4%は30歳まで(131.040)、39,2%は31〜40歳(168.857)、24,1%は41から50(103.804)の間で、6,2%は50を超えています(26.884)。

特に、候補者の69%および候補者の31%が中等学校に登録されています。 グレードIIの場合、女性の候補者は63%、男性の候補者は37%です。

ほとんどの申請が提出された地域は、ロンバルディア(62.580)、ラツィオ(52.882)およびカンパニア(49.213)です。

候補者の23,9%は北部から、18,4%はセンターから、57,6%は南部と島々から、0,2%は海外から来ています。

個々の地域を見ると、最大数の候補者はカンパニア(79.116、18,4%)、シチリア(58.933、13,7%)、プーリア(39.819、9,2%)から来ています。

幼年期と初等の通常の競争、教育省の数