2,4年のみの赤字/ GDPは2019%。ユーログループとサルヴィーニの指示に従い、「私は冷静な人々とのみ話します」

ビュー

過半数の首脳会談の後、今年の赤字-GDP比率は2,4%のままであることが決定されました。 政府はおそらく、存在すべき「成長」と廃棄物の削減のおかげで、2019年以降の数年間の債務の削減について、ユーログループ、とりわけECB知事のマリオドラギの提案を受け入れたでしょう。 月曜日に、経済大臣のジョバンニ・トリアは、ルクセンブルグでのユーログループの会合に続いて、ジュゼッペ・コンテ首相と彼の仲間の大臣に、イタリアの会計リスクがあることを明らかにしたヨーロッパの委員との会談の結果を報告した。拒否(欧州連合の州にとっては初めて)。 したがって、明らかに、GDP赤字の2,4%の値を超えることは、今年に委ねられたイニシアチブにすぎません。 明日商工会議所に送られるべきDefの更新に関する会議中に、「他の詳細はさらに定義される」と指定することによって決定された措置を予期したのはLuigi DiMaioでした。

マッテオ・サルヴィーニ副首相は彼の貢献を逃さず、ブリュッセルとのさらなる緊張を煽った。 特にMatteoSalviniは、EU委員会のJean-Claude Juncker会長に、「私は冷静な人々とだけ話します」と述べました。これは、欧州委員会の会長のアルコール依存症の疑いへの言及です。

ジュゼッペ・コンテは、市場を弱体化させた唯一の結果をもたらした2人の副主催者によって発覚された声明を薄めるために、デンテンテのメッセージを打ち出さなければならなかった。

「これは、真剣で合理的かつ勇気ある行動です。 早ければ2019年に開始される発表された改革のプログラムを確認します。負債/ GDP比の低下はXNUMX年間で大幅に加速されなければなりません」。

昨日は、300ポイントの周りで踊ったスプレッドの「重要な」価値によってマークされました。 3月から今日にかけて、普及の広がりにより(不適切な政府の声明によって最も頻繁に引き起こされる)、30億の回りが失われました。

2,4年のみの赤字/ GDPは2019%。ユーログループとサルヴィーニの指示に従い、「私は冷静な人々とのみ話します」