Di Maioは西側同盟国との親密さを表現している。 イタリアは決してNATOから出てこない

ビュー

La7での「5年半」のレコーディング中に、11つ星運動のリーダーであるLuigi Di Maioは、NATO同盟国に対する国の忠誠心を繰り返し述べました。 「イタリアは、憲法第XNUMX条に述べられているように、常に平和を追求しなければなりません。 ジェンティローニはシリアの危機でうまくいったが、歴史的な同盟国から国を切り離すという口実をとる人は誰もいない」。

ディ・マイオは次のように述べています。「苦い終わりへの外交は私たちのスタイルでなければなりません。 ゲンティローニ大統領はシリアでの攻撃に参加しなかったが、はっきりしなければならないことが5つある。シリアでの攻撃を利用して、西側諸国とNATO諸国である歴史的な同盟国からイタリアを解放することを考えている人がいる場合、それから彼はいつも私に反対するでしょう。 イタリアとXNUMXつ星のムーブメントは、歴史的な同盟国から距離を置きたいと言ったことは一度もありません。」 

写真:グーグル 

Di Maioは西側同盟国との親密さを表現している。 イタリアは決してNATOから出てこない