防衛:Stoltenbergはローマとマドリードの誓約を推進するが、GDPの2%に達するための資源の配分を要求

ビュー

Stoltenbergは、ANSAを含む国際新聞のジャーナリストのグループとのインタビューで、14月2日に発行される年次報告書の結果の一部を期待して、ミッションへの貢献についてイタリアとスペインを称賛しました。と軍事作戦が、GDPの28%の目標を達成するように彼らを招待することによって防衛支出を増やすように両国に要請しました。昨年XNUMX月、XNUMXのパートナーが失敗した場合、米国大統領ドナルドトランプがNATOを去ると脅したとき

ここ数週間、エリザベッタ・トレンタ国防相は何度かNATOに質問した。総合的かつ非選択的な評価「負担分担の- 負担の分担 -同盟国、ミッションへの国による高い貢献を考慮に入れるようにあなたを招待します。

しかし、Stoltenbergは次のように説明しています。負担分担には、支出(GDPの2%)、容量、およびミッションへの貢献のXNUMXつの項目が含まれます。 XNUMXつの項目すべてが重要であり、XNUMXつすべてが評価されており、XNUMXつすべてについて、結果を出すよう各国に要請しています。 ある人を尊重するという事実は、別の人の欠如を正当化するものではありません"。 Stoltenbergは、GDPの2%での支出について、イタリアは「まだ長い道のりがある」と指摘し、ポーランドやギリシャなどの他の国々はすでにこの目的を完全に尊重していると説明しました。

イタリアを含むすべての同盟国が支出を増やしたという事実を歓迎します。 すべての同盟国は削減をやめ、防衛資金を増やし始めました。 正しい方向に動き始めたイタリアもそうですが、もっと多くのことが期待されます"

次に、GDPの2%の支出の計算に新しい項目を含めるというトレンタ大臣の要求(市民の安全を強化する非軍事的投資)に言及して、Stoltenbergは代わりに次のように強調しました。同盟国はすべて支出を計算する標準的な方法に同意しました「国を比較できる必要があるので、これらの基準を遵守しなければならない」と説明する。 計算基準の変更 "しかし、彼らは全員と29の合意が必要な政治的決定に依存しています。」NATOのメンバー。

防衛:Stoltenbergはローマとマドリードの誓約を推進するが、GDPの2%に達するための資源の配分を要求