Eniは、アンゴラ沖のブロック15/06の東部エリアでCabaçaNorth開発プロジェクトを開始します

ビュー

Eniは、アンゴラのブロック15/06の深海にあるCabaçaNorth開発プロジェクトから、「Armada Olombendo」浮体式生産貯蔵排出ユニット(FPSO)を通じて生産を開始しました。

CabaçaNorthの立ち上げは、Eni AngolaがANPGおよびパートナーと完全に協力して、既存のインフラストラクチャに近い探査戦略(ILX、インフラストラクチャ主導の探査)を通じてブロック15/06から価値を創造し続ける方法のさらなる例です。海底接続を特徴とする一連のファストトラックプロジェクトを生成し、持続可能な方法でその地域の既存の構造物を最大限に活用します。

CabaçaNorthの開発は、15日あたり約100バレルの石油換算(boed)のピーク生産率が見込まれており、生産寿命全体にわたるゼロ排出およびゼロプロセスフレアリング。

CabaçaNorthは、2021年にEni Angolaによって行われた生産の、15月のCuica EarlyProductionに続く06番目の生産開始を表しています。 ブロックXNUMX/XNUMXの西部で、Ndungu Early Productionを使用して、今後数か月以内にXNUMX回目のスタートアップが予定されています。

ブロック15/06は、36,84%の株式を保有するEniAngolaによって運営されています。 SonangolPesquisaandProdução(36,84%)およびSSI Fifteen Limited(26,32%)が、残りの合弁事業を構成しています。 ブロック15/06に加えて、Eniは、探鉱ブロックCabinda North、Cabinda Centro、1 / 14、28、およびNew Gas Consortium(NGC)の運営者です。 さらに、Eniは、非稼働ブロック0(Cabinda)、3 / 05、3 / 05A、14、14 K / A-IMI、15、およびアンゴラLNGに投資しています。

Eniは、アンゴラ沖のブロック15/06の東部エリアでCabaçaNorth開発プロジェクトを開始します