議長国機会均等局とABIとの間の覚書が署名されました

女性に対する暴力の防止と闘い、金融包摂とジェンダー関連の差異の克服への支援:これらの目標を掲げて、家族・出生率・機会均等大臣のウヘニア・ロッチェラ氏とイタリア銀行協会のアントニオ・パトゥエッリ会長が署名した。閣僚理事会議長の機会均等省とABIの間の覚書。 これにより、女性に対する経済的暴力を含む暴力の予防と闘い、そしてジェンダーを含む尊重の文化に対する市民の意識を高めることを目的とした取り組みが強化されます。 署名された協定は、女性の権利と男女平等を支援し、女性が経済的、財政的、労働面で重要な要素であるという認識を支援するために利用できる公的および民間のツールに関する研修と情報提供の取り組みを促進することを目的としています。

プロトコルでは次のことが規定されています。

  • 家族・出生率・機会均等大臣は、機会均等省の支援を受けて、特に女性と比較したあらゆる形態の暴力と差別の予防と闘いを目的としたコミュニケーションと意識向上活動を促進する。家庭内においても、(身体的、経済的、精神的)衰退の可能性があります。
  • ABI は、女性に対する暴力の予防と闘いのための共有ソリューションの開発と実施に取り組んでいます。 金融教育貯蓄財団(ABI の主導で設立)や議定書を遵守する銀行との相乗効果により、専用のトレーニングと情報の取り組みを提供する。 議定書の目的に関連するテーマに関する機会均等を目的として同省が実施するコミュニケーションおよび公益キャンペーンの普及と可視化に貢献すること。また、これらのテーマに特化した関連イニシアチブや、議定書のコミュニケーションチャネルを通じて行うこと。 ABI およびアソシエイトはプロトコルを遵守します。 加盟国による議定書の遵守を促進するとともに、締約国間の更新と議論を促進する。

この議定書は XNUMX 年間有効であり、関連銀行の自発的な参加が規定されており、提携銀行は、協定で共有された目的に従って、このプロジェクトを強化することを目的とした活動を、それぞれの特性に基づいて実施することができます。

署名された協定は、女性に対する暴力と闘うことを目的とした政策に関して、横断的で有機的かつ一貫した介入を構築するためのツールを構成する2021年から2023年までの女性に対する暴力に関する国家戦略計画に沿ったものである。 さらに、これは、金融教育貯蓄財団がこのテーマに関して実施する情報および普及活動のより広範な枠組みと連携して、ABI と銀行が実施している活動の一部であり、金融​​政策の実施と相乗効果を発揮します。国連アジェンダ 2030 によって推進される約束。

この共通の取り組みのために、銀行部門との合意のもとに開発されたすでに実施されているイニシアチブは次のとおりです。

  • 暴力の被害者女性のための「自由のマイクロクレジット」:家族、出生率、機会均等大臣、ABI、フェデルカッセ、イタリアのカリタス、国家マイクロクレジット機関との間の覚書、暴力の被害者女性専用の金融商品として、経済的服従の形態からの解放を目的とする。
  • 「銀行の女性: ジェンダーの多様性を尊重する」憲章。これにより、ABI は、ビジネス活動とレファレンスコミュニティの発展のための重要なリソースとして、性差の価値に焦点を当てます。
  • ABI、ファビ、ファースト・シスル、フィサック・シギル、ウイルカ、ウニシン・ファルクリ・シルセア・シンフブが共同で推進した、性暴力被害者の女性に有利な住宅ローン元金の支払い停止を求める覚書。認定保護コースに参加している女性のうち、経済的に困難に陥っている女性の割合。
  • この取り組みは、金融教育貯蓄財団と協力して、貯蓄と金融教育をテーマとしたトレーニングと情報コースの価値を高め、女性の経済スキルの強化を活用して経済における男女差と闘う取り組みを推進しています。

議長国機会均等局とABIとの間の覚書が署名されました