G7教育、第一セッションにおけるヴァルディタラ大臣のスピーチ

誰も置き去りにすることなく学習をパーソナライズし、教師を社会の中心に戻す

富山で開催されたG7教育大臣会合では、ヴァルディタラ大臣が開会セッションで最初にスピーチし、すべての若者の才能を伸ばし、誰一人取り残さず、すべての生徒により良い能力を身につける機会を与えるための学習の個人化の中心性を支持した。その可能性を理解する。 同氏はまた、教師の役割に対する権限を回復し、教職を社会の中心に戻し、教職員の質と訓練に焦点を当てることの重要性を強調した。 同氏はまた、パンデミック危機後に学校に静けさを取り戻し、安全な学校、仕事や勉強の場を刺激する美しい学校を保証し、暴力やいじめと対比させる必要性を強調した。

同氏はまた、デジタル文化の重要性を強調したが、デジタル文化は管理されなければならない。 さらに大臣は、労働文化を学校に持ち込む必要性と専門教育の役割を強調した。 適切な専門知識が不足している外部の教師にスペースを与え、学業の交替と実習を保証することが望ましい。 未来の経済はますます知識伝達の経済になるため、社会的および経済的成長を刺激するためのスキルと知識の伝達として教育が中心となります。 最後に大臣は、学校の中心性を取り戻すために、国際レベルでも教育のための偉大な同盟を創設することを主張して締めくくった。

G7教育、第一セッションにおけるヴァルディタラ大臣のスピーチ