世界自閉症啓発デー、学校に回覧

研究所での共有と深化の瞬間教育棟が青く光る 

すべての人とすべての人のための、ますます包括的な学校。 また、今年、文部省は、本日2月XNUMX日に祝われる国連によって設立された自閉症に関する世界デーに積極的に参加しています。 この機会に、Palazzo dell'Istruzione、Quirinale、上院、その他のイタリアおよび世界中の施設の建物やモニュメントが青色で照らされ、コミュニティの意識を高め、絵を描くことを目的としています。問題への注意。 省はまた、すべての学校に会合と共有の瞬間を組織するよう呼びかけ、これまで以上に意識を高め、すべての生徒と生徒の成長と訓練の機会を改善しました。 

「私たちの学校にはインクルージョンの素晴らしい伝統があります-教育大臣、パトリツィオビアンキは宣言します-しかし、2月2日の日は、すべての子供とすべての子供たちの権利を保証するというコミットメントが決して止まらないことを私たちに思い出させます。 学校は地域社会の鼓動です。私たちが一緒に歓迎する学校を建てれば、民主的で機会均等の社会の基盤を築くことができます。 これはすべて、教育と尊敬から生まれます。 XNUMX月XNUMX日とその年の毎日」。 

教育棟は、今日の日没から、「ロベルトロッセリーニ」シネTV州立高等教育機関の支援を受けて青色に点灯します。 

今後、学校は自閉症の人々とその家族の協会やこの分野の科学団体と協力して意識向上イベントを開催するよう招待され、教育対話を刺激し、各人の権利に注目を集めています。それらを保証するために、学校や社会で何を保証しなければならないか。

世界自閉症啓発デー、学校に回覧