有権者の個人データと選挙相談

ビュー


(Michele Gorgaによる)私たちは地方、地方自治体、およびレファレンダムの選挙のパイプラインにありますが、Covidの緊急事態のおかげで、選挙の宣伝はほとんどありませんでした。 選挙協議に関連する政治的コミュニケーションのイニシアチブは、芸術によって予見される民主的な生活への参加の特に重要な瞬間を構成します。 憲法の49。 20月21日と2016日の協議を正確に考慮すると、EU規則679/196およびプライバシーコード2003/96によって導入された新しい規制の枠組みに照らして、プライバシー保証nの規定を想起することは適切であると思われます。 18年2019月XNUMX日のXNUMXは、さまざまな理由で選挙に関与するすべての被験者を対象としています。

データ保護に関して施行されている原則の適時の遵守を要求する規定は、当事者、政治団体、推進者および支持者の委員会が主な事例に注意を向けることにより、データ主体が権利を行使することを保証する必要性を強調しています。個々の候補者だけでなく、芸術に基づく利害関係者の基本的な権利と自由に従って、宣伝イニシアチブのために利害関係者の個人データを使用することができます。 1、パー。 選挙活動の文脈におけるデータ処理の合法性の条件に基づく規制の2。

一般に、保証人の規定は、データの処理を実行して、関係者の権利と自由を保証するために、無料でなければならない事前の同意の取得を含む、合法性のいくつかの条件に基づいて、特定の、情報に基づいた、明確な(第6条、パラグラフ1、文字a)および7規制)、および処理がデータの特定のカテゴリに関係する場合の明示(第9条、パラグラフ2、文字a)、規制) 。 したがって、同意は、処理のさらなる目的に関して具体的かつ明確な表現で要求されなければならず、また文書化可能(例えば、書面またはデジタルメディア上)である必要があり、所有者は、そのことを証明できる必要があります。利害関係者は彼のデータの処理に同意しました(第5条、2項および7項、1項、規制を参照)。

労働組合、専門家、スポーツ、カテゴリー協会などの非政治団体に登録されているため、明示的に政治目的を追求していない団体に登録されている自然人については、会員のデータを処理することはできません。選挙宣伝および関連する政治的コミュニケーションイニシアチブを実施するために広められますが、これは、所有者組織が利害関係者の同意を取得した場合にのみ可能になります。完全な自由と認識において、データを所有する組織が追求する通常の目的に関して、具体的で自律的かつ差別化された同意。 ただし、選挙宣伝および関連する政治的コミュニケーションの目的を直接追求することが組織の法定目的のXNUMXつである場合、団体、協会、および組織は、利害関係者の同意を要求する必要はありません。

特定のイニシアチブ(請願、法案、照会の要求)の際に、CIG Z1C2E1C075の制限されたカテゴリに移り、政治団体の共感者と資金提供者、政党、運動、その他の組織、および個々の候補者によって収集された個人データこれらの前述の主題の、署名または資金のコレクションなど)は、明示的な同意がある場合にのみ使用できます。 一方、データ提供の際に特定のイニシアチブに提供されるサポートに、対象への特定の形式の「付着」が含まれる場合は、処理への同意は必要ありません(第9条第2項、レターd)、規則)。ポリシーとそのプログラム。法令、関連条項、またはその他の既存の一連の規則に基づいて、コレクションの本来の目的と互換性のあるさらなるイニシアチブを考慮して、利害関係者にその後合法的に連絡することができます(例: 。政治的コミュニケーションまたは選挙宣伝、第5条、第1項、規則の文字b))。ただし、これらの状況は、提供される情報で適切に強調されている必要があります。

これにより、公的な情報源に基づいて特定された合法性の条件に基づいて、選挙宣伝および関連する政治的コミュニケーションを目的とした個人データの処理が許可される主な事例の、網羅的ではないにしても、主な事例の事例研究が可能になります。 したがって、「公開」ソースから抽出された個人データ、つまり、公的機関(市町村など)が保持する登録簿またはリストに含まれ、同時に法律または規制の明示的な規定に基づいてアクセスできる情報は、芸術に基づく利害関係者の同意を必要とせずに、選挙宣伝および関連する政治的コミュニケーションの目的で使用されること。 6、パー。 1、レット。 f)規則のうち、これらの情報源にアクセスしたり、それらを使用したりするために法制度によって最終的に確立された条件、制限、および方法に準拠する(例えば、特定のリストについて法律によって確立された目的を遵守する義務)。アクセスが特定の期間にのみ許可されている場合は、コピーを要求している人の識別。 5、レット。 b)、規制と芸術。 コードの1-ter、パラグラフ6、および2、パラグラフ2)。

特に、公開リストから抽出された個人データは、選挙宣伝および関連する政治的コミュニケーションの追求に使用される可能性があります。たとえば、自治体で開催される選挙リストは、「申請目的でコピーで発行できます。能動的および受動的有権者の主題に関する規律」(51年20月1967日の大統領令第223条、第5号)。 投票権を有する海外に居住するイタリア国民の暫定リスト(1年459月27日の第2001条第5項、法律8、2年2003月104日の第4条第24項、大統領令第1994号)。 欧州議会の選挙に海外で投票するイタリアの有権者のリスト(408年3月1994日の法令第483号の第1条、12年1996月197日の法律第13号に変換)。 イタリアに居住し、そこで地方自治体の選挙に投票する権利を行使する予定の欧州連合加盟国の有権者の追加リスト(23年2003月286日の法令第5条の第1条以降)。 海外のイタリア人委員会の選挙に投票する権利を有する海外に居住するイタリア市民の暫定リスト(27年2001月459日の法律第5号の第8条、法律2の第2003条第104項) 11年29月、n.2003; art.395、パラグラフXNUMX、大統領令XNUMX年XNUMX月XNUMX日、n.XNUMX; art.XNUMX、dPR XNUMX年XNUMX月XNUMX日、n.XNUMX)。

締約国、運動、その他の政治的性質の組織は、芸術に従って提供された情報に基づいて、最初に特定の同意を得ることなく、合法的にそれを使用することができます。 規則の13-選挙宣伝および関連する政治的コミュニケーションの目的で、メンバー、およびメンバーが定期的に接触する他の主題に関連する個人データ。これらは合法的に起訴可能な活動であり、一般的な用語で提供される政治的性質のものに含まれているため、 '設立または制定法における、またはこれらの目的の追求に対して厳密に機能する行為(第9条、第2項、文字d)、規則を参照)。

一方、使用できないデータには、特定のセクター規制のために公的機関が保有する文書ソースが含まれます。 これは、例えば、居住者の登録に関連して(33年34月30日の大統領令の第1989条および第223条、第62号、7年2005月82日の立法令の第10条、第2014号)。 セクター規制に基づき、レジストリに登録されているリストは、「セキュリティ対策、通信規格、および通信規格に準拠した公益事業の独占的使用のために、合理的な要求を行う公的機関にのみ公開できます。 194年58月7日、大臣評議会議長の法令により規定された技術規則、n。 2005、および82年34月223日の法令の第1989条により、n。 450 "(大統領令3/2000の第396条)。 同じことが市民の地位のアーカイブにも当てはまります(Art。8cc; dPR 3年2011月71日、n。62)。 各領事館の構成員に居住する市民のファイル(16年1960月570日の法令第XNUMX条、第XNUMX号)。 非投票者に関連するデータが記録され、選挙活動の規則性をチェックするためにのみ使用できる、ポーリングステーションですでに使用されているセクション選挙リスト(XNUMX年XNUMX月XNUMX日の大統領令第XNUMX条の第XNUMX条)。 選挙活動の実施のためにテラーとリスト代表者によってポーリングステーションに記録されたデータのために。 実際、これらのデータはすべて、憲法上の自由の原則と投票の秘密に準拠して最大限の機密性をもって扱われる必要があります。また、レファレンダムや投票への参加の有無は、それ自体が政治的方向性の可能性を浮き彫りにする可能性があるという事実も考慮に入れています。 '投票者。

公的機関がその制度的活動の遂行において、または一般にサービスの提供のために収集したデータも、問題の同じケースの対象となります-使用不能から。 同様に、専門家登録簿および理事会のメンバーのリストは含まれていません(コードの第61条、第2項)。 企業や専門家のデジタル居住地の全国インデックス、および個人やその他の民間の法律団体のデジタル居住地の全国インデックスから取得した電子メールアドレスへ。専門家登録簿やビジネス登録簿に登録する必要はありません。 (6年6月7日の法令第2005号の第82条のXNUMXおよびXNUMX条)。

行政による行政措置の透明性または広報に関する規制に照らしてデータが公開されることもありません(14年2013月33日の立法令、18番、l。2009年69月XNUMX日、XNUMX番)。 )、および他のセクターの規制による。 たとえば、オンラインプレトリアン掲示板に公開された個人データを含むドキュメント、競争結果の宣伝、経済的利益のある自然人への帰属行為、ただし​​、どのように名前が付けられていても、電話番号が記載されている官公庁の組織図と従業員の電子メール、公共機能の従業員を参照する情報へ。 これは、上記の目的で個人データが組織のサイトでオンラインで利用可能になっている状況では、選挙宣伝の追求および関連するコミュニケーションの目的を含め、誰もがいかなる目的でも個人データを自由に再利用できないためです。ポリシー。

一方、特定の法的規定では、特定の選択的事務所およびその他の公的機能の保有者は、委任を行使し、事業体の政治行政生活に参加するのに役立つ情報を参照事務所に要求できると規定されています。 たとえば、市と州の評議員は、それぞれ市と州の事務所から、また会社と従属団​​体から、所有しているすべてのニュースと情報を入手する権利を持っています。これは、任務の遂行に役立ちます(アート.43、パラグラフ2、18年2000月267日の法令、n。XNUMX)。 特定の規定はまた、地域評議員によるこの権利の行使を規定しています。 前述の情報へのアクセス権は、選出された権限の行使に関連する公共の利益のケアに直接機能します。 ただし、この排他的な目的は、同時に、データへのアクセスを正当化するという前提と、特定の目的でのみアクセスが許可されるための制限の両方を構成します。 したがって、選択的任務に厳密に関連している必要がある場合を除いて、市、州、および地域の評議員が参照管理の事務所にデータベース全体の通信または特定のリストの作成を要求することは許可されていません。専用の「おそらく政治的コミュニケーションの隠された目的のために使用される。

最後に、非選択的公職、より一般的には公職を有する対象者は、選挙宣伝と関連する政治的コミュニケーションの目的で取得したデータを使用することも許可されていません。その制度的タスクの。

ミケーレGorga.jpg
DPO、RTD、レピュテーションマネージャーの調整を担当する弁護士および観測所コンポーネントであるミケーレゴルガ氏

有権者の個人データと選挙相談