出雲船を空母にすることを目指す

ビュー

安倍晋三首相が率いる幹部が提出した提案書から明らかなように、日本は現在、離陸戦闘機の次世代F-35Bを許可するように、ヘリコプターを収容するために使用されるランプを、変更空母出雲に船を変換するつもりで、短い離陸と垂直着陸、最近米国から購入。
安倍晋三議長は、議会委員会を参考に、政府の主な責務は、平和の継続を確保することによって市民を守ることである"
保守的なリーダーのリーダーシップの下、6年から始まる過去2012年間で、日本の防衛予算はXNUMX年の削減の後、着実に増加しています。 しかし、安倍首相のプロジェクトは、防衛の反軍事的方向性を変える意図を批判した反対派からの大きな抵抗に直面した。
平和主義憲法によると、日本は軍艦を装備することはできないが、防衛を保証する装備だけを装備する。
幹部は、出雲でのF-35の崩壊は恒久的には起こらず、新しい航空機運搬船は軍艦の特徴を持たないと主張している。 これに関連して、内閣は18月10日に、今後XNUMX年間の支出目標のより良い計画を可能にする「防衛プログラムガイドライン」の新しいバージョンを承認する予定です。
同時に、議会の公聴会で、安倍首相は日本が「必要となる新しい概念を支持して、可能な限り迅速にその海の境界線、土地とその空域の防衛の伝統的な概念を残してapprestarsi必要があり、それはこの国の政治を形作っていくための基礎となります将来的に"

出雲船を空母にすることを目指す

| 証拠4, WORLD |