ボローニャの「We Make Future」におけるイノベーション、MiC

文化省は、13年15月2024日からXNUMX日までボローニャのボローニャフィエーレで開催されるデジタルイノベーションに関する国際イベント「We Make Future」に参加します。

22 の MiC 施設 (中央研究所、博物館、州立公文書館、考古学公園、図書館、事務局、地方博物館総局) の代表者が、訪問者に革新的な閣僚プロジェクトを紹介します。 

その中には次のようなものがあります。

  • 「イタリア博物館」アプリは、国立博物館システムを促進するために博物館総局によって作成されました。最新情報が含まれており、イタリアの芸術と文化への特別な旅のために、単一の仮想場所で入場チケットを安全に購入できるようになります。
  • コロッセオ考古学公園が提供するウェブアプリ「トラヤヌス帝の記念柱」は、レリーフの全景をはじめとする多くのコンテンツでトラヤヌス帝の記念柱の訪問と知識をトータルにサポートします。現場、訪問中、遠隔地の両方で使用できます。
  • ポンペイ考古学公園の「モニタリング システム」Web アプリは、公園の建築および構造遺産の保存状態に関する大量のデータを現場および遠隔で迅速に調査するために設計された新しいツールです。
  • Alphabetica ポータルは、文化遺産デジタル化中央研究所とイタリア図書館単一目録中央研究所によって設計された高度な書誌ポータルで、さまざまな銀行の書誌データを接続するデジタル エコシステム内で情報を見つけることができます。研究所の;
  • パエストゥムとヴェリアの考古学公園にある「ギガピクセルのダイバーの墓」は、高解像度のスクリーンと VR デバイスを通じて、前例のない鮮明さと詳細で古代の墓を鑑賞できる没入型の体験です。
  • エルコラーノ考古学公園のウェブサイトとアプリ「エルコラーノ ディジタル」では、画像と 3D モデルの膨大なカタログが提供されており、古代の環境をデジタルで再現するインタラクティブな仮想ツアーに参加できるほか、ビデオ ゲームを通じて古代の冒険を発見することもできます。若い探検家。
  • トリノ王立美術館の「3D Experience」Web アプリは、3D モデルと高度なウェイファインディング システムを通じて展示スペースを楽しみ、コレクションを訪問するデジタルでインタラクティブなオリジナルの方法を提供します。

ボローニャの「We Make Future」におけるイノベーション、MiC