命令。 「大臣がお答えします」

学校の世界に関連する主要な問題について、ヴァルディターラ大臣とジャーナリストのマリア・ラテッラとのウェブビデオコラムでのXNUMX回目の約束が進行中です 

このエピソードでは、ワシントンでのサミットと日本で開催された教育に関するG7での大臣の最近の国際会議について説明します。 

22月XNUMX日月曜日から、ジャーナリストのマリア・ラテッラが世界に関連する主要な問題についてジュゼッペ・ヴァルディターラ大臣にインタビューするビデオコラム「大臣の応答」の第XNUMX話がYouTubeチャンネルとソーシャルプラットフォームで公開される。教育省の功績と学校の功績を称える。 

7回目となる今回の任命では、大臣の最近の国際的な取り組み、ワシントンでの教職に関するサミットと日本の富山で開催された教育に関するGXNUMXについてお話します。 学校とビジネスの間のギャップ。 米国におけるイタリア語教育と学習の個人化について。   

インタビューの中で、ヴァルディターラ大臣はまた、「オリエンタメント競技場」の任命の際に、フロジノーネのベニート・シュティルペ・スタジアムで行われた4.000人の生徒たちとの会談について詳しく語り、そこでは少年たちの協力の重要性と学校の価値が語られた。研究とアクティブな学習の瞬間として。  

XNUMX回目の面接の背景には教育功労大臣室があった。  

ミムの YouTube チャンネル:

https://www.youtube.com/@MinisteroMIUR

命令。 「大臣がお答えします」