NATOは警告する:イスラム国家はまだ攻撃を実行することができる

ビュー

イスラム国(IS)は「4.600年に2017のテロ攻撃」を実行することができ、軍事的敗北にもかかわらず、ジハード主義の脅威は依然として「正当な懸念の原因」です。 これは、匿名を希望するブリュッセルのNATO職員によって、「AgenziaNova」に述べられました。 「テロとの戦いは、同盟の優先事項の中で非常に高い位置を占めています。 2017年、ISは重大な領土損失を経験しましたが、それでも世界中で4.600件のテロ攻撃を実行することができました。 それはその方法を変え、新しい現実に適応し、その力を分散させましたが、イデオロギーの強さは残っており、それでも打つことができます」と大西洋同盟の関係者は説明します。 「複雑な攻撃から、操作があまり洗練されておらず、犠牲者も少ない孤独なオオカミに渡されました。 新しいフォロワーを募集するためのソーシャルメディアの使用は非常に効果的です」と、「Nova」が相談した情報源を追加します。

いわゆる「外国の戦闘機」(イラクのシリアで戦場をテストした戦闘機)の原産国への恐怖の集団復帰はまだ発生していませんが、「経験を積んだ少数の戦闘機も土地は非常に大きな脅威です」とNATOの関係者は付け加えます。 ジハード主義者の帰還と違法な移住のルートとの絡み合いは可能であることが証明されたが、現時点で「ノヴァ」が相談した情報筋によると、「これらの流れを通る外国の戦闘機の重要な流れはなかった。しかし、これはそれが起こり得ないという意味ではありません、確かにそれは懸念の正当な原因です」。 簡単に言えば、NATOの関係者によると、「潜入するのに好ましいルートではありません。パスポートを使用する方が簡単なのに、なぜ海で死ぬ危険があるのですか?」

D2016年の終わりに、「Nova」が相談した情報筋は、「イラクとシリアでますます洗練された商用ドローンの使用を見てきました」と続けています。 「民間人に対する攻撃を実行するためにも使用される可能性がある無人航空機。私たちはこの脅威を非常に注意深く見ています」とアライアンスの関係者は付け加えます。

さらに、これまで、テロ攻撃を実行するために生物兵器や原子兵器は使用されていませんでしたが、IS領域が失われると、放射性物質を拡散できる基本的な兵器である「汚れた爆弾」の製造の可能性が減少します。 「この種の武器を作るには、イスラム国がもはや持っていない設備とインフラストラクチャが必要です」と当局者は続け、最終的に「カリファテ」の力の低下はアルカエダによってすぐに「橋渡し」される可能性があると警告します。同盟は「警戒を怠らない」。

NATOは警告する:イスラム国家はまだ攻撃を実行することができる