生まれ、ブリュッセルの新しい本部への移管を延期

ビュー

当初2017年末に予定されていたブリュッセルの新しいNATO本社への移転は、技術的な問題により再び遅れました。 「新しい本部への移行が始まっており、2018年の前半に完了する予定です」と北大西洋の防衛組織が本日発表した声明を読みます。 「建物の建設はほぼ完了しており、技術システムの作業が続けられています。 NATOは、ITの課題が増大する中で、完全に保護された最先端のITシステムを必要とするため、これは要求が厳しいが不可欠な仕事です。」 費用については、防衛加盟国が当初設定した1,12億ドルの制限をはるかに超えると予想されます。 現在、1,17億ドルが新しい建物にすでに費やされています。 「最終的な費用はプロジェクトの完了後にわかります」と声明は読み、「作業の最終段階に関連していくつかの調整が行われた」ことを強調しています。 新しいシステムは、すべてのNATO電子通信に対して安全である必要があります。また、1.000台を超えるカメラと虹彩認識付きの入口システムを使用して、建物全体の監視を制御する必要があります。

生まれ、ブリュッセルの新しい本部への移管を延期