幸いなことに、タップはそこにあります

ビュー

(Massimiliano D'Elia) 幸いなことに、タップはそこにあります。 古いことわざを覚えておいてください: "穴がXNUMXつしかないマウスはほとんど生き残れません"。 したがって、しばらく前にイタリアの政治(M5S)の一部によって反対されたタップガスパイプラインは、今日、おそらく私たちの国が追求できる最高のイニシアチブであり、異常な先見性を示しています。 アゼルバイジャンからサンフォカのプーリアに到着するタップは、ヨーロッパとイタリアに貴重な炭化水素を供給し、ロシアがノルドストリームパイプラインを介してガスを供給する際に使用する戦略的手段を緩和します。 タップは3.500キロメートルにわたって伸び、カスピ海から始まり、アゼルバイジャン、ジョージア、トルコ、ギリシャ、アルバニア、イタリアを横断します。

昨日、ブリュッセルからの代表団がアゼルバイジャンに飛んで、当局に供給を10億立方メートルから20に増やすよう説得しました。エネルギー委員会が代表団を率いて、 カドリ・シムソン、諮問委員会のためにバクーに飛んで、タップをヨーロッパ最大のガス埋蔵量に変えることを目指しています: "それがサービスを提供する国や地域にプラスの影響を与え、南東ヨーロッパの信頼性が高く、競争力があり、持続可能な供給に大きく貢献していると思います。」

今日、ロシアのガスパイプラインは容量の38%を担っていますが、ヨーロッパの貯蔵鉱床は平均16%に比べて40%しか含まれていないため、プーチンの「時計回りの投薬」戦術が証明されています。 一方、進行中の交渉により、約6億立方メートルが即座に増加し、そのうち8億立方メートルがイタリア向けになります。

昨日の会議には、ウクライナ、モルドバ、米国、英国の政府の代表も出席しました。 アゼルバイジャンの流域は、年間約400億立方メートルのガスを生産する能力があり、比較すると、イタリアの要件だけでも約70億立方メートルです。 TAPプロジェクトを支援することを目的とした他のイニシアチブもあります。たとえば、トルクメニスタンは現在、主にロシアと中国にガスを輸出していますが、TAPパイプラインへの接続の可能性を評価することで西に目を向け始めています。 一方、米国は、液化ガスを船で旧大陸に輸送することについてカタールと交渉している。

タップとは

タップ(トランスアドリアティックパイプラインの頭字語)は、ギリシャとトルコの国境からバルカン半島を横断し、フィエルのアドリア海に入り、プーリアのメレンドゥーニョに着陸する長さ約850キロメートルのパイプラインです。 
TAPの費用は主に民間投資で約4,1億ユーロです。 イタリアとヨーロッパに年間10億立方メートルのガスを輸送する能力があり、すでに20倍からXNUMX億立方メートルにできるように校正されています。 この場合、倍増にはXNUMX回目の行為は必要ありません。 より簡単に言えば、パイプラインに押し込まれるガスの圧力と量を増やすために、ルートに沿った圧縮ステーションが増やされ、強化されます。

しかし、プロジェクト全体ははるかに要求が厳しく、パイプラインの最初のセクションであるタナップ(トランスアナトリアパイプライン)によっても形成されています。 それは、国営企業であるSocarがカスピ海に持っているŞahDenizフィールドのアゼルバイジャンで始まります。 カスピ海からプーリアまでの「南回廊」全体は、アゼルバイジャンの畑での作業を含めて、45億ドルの費用がかかります。

最大の株主はBP、Snam、Socarで、それぞれ20%です。 ベルギーのFluxys(19%)、スペインのEnagas(16%)、Axpo(5%)のマイナーステークス。

TAP

幸いなことに、タップはそこにあります