学校職員向けに福利厚生プラン、住宅ローン、補助金付き銀行サービスを開始

ヴァルディタラ:「100万人以上の労働者に有利な具体的な措置。学校の中心性を取り戻すための新たな一歩」

学校職員向けの福利厚生プランは、銀行部門のサービスによって拡充されています。本日より、事業者が提案するさまざまなオファーの一部として、住宅購入用の住宅ローン、個人ローンおよび給与担保ローン、給与入金に関連した当座貸越、資本蓄積計画(PAC)、当座預金口座の開設、および投資。

2023年に試験的に開始された計画の成功を考慮し、運輸部門と農産食品部門での協定が締結され、教育功労省が実施する取り組みには引き続き村で最も重要な金融機関のいくつかが関与することになる。 。事業者自身が市場で通常実施している条件と比較して、優遇条件を提示しているのは、同省が公表した関心表明に応じ、要件を満たした上でMIMと特定の契約を締結したBanco BPMとUniCreditである。

受益者は、昨年2024月に開始され、XNUMX年に更新された協定をすでに利用できる同じ労働者、つまり教師、教育者、学校管理者、事務、技術、補助学校職員、同省職員である。

MIM Web サイトの予約領域を通じてサービスにアクセスすることが可能になり、Banco BPM および UniCredit が提供する情報ドキュメントを閲覧できるようになります。また、全国に分散する支店を通じて、またはオンラインを通じて、サービスへの関心をリクエストします。

私たちが強く支持した福利厚生計画は、戦略部門である銀行部門における新たな恩恵によって充実しています。これらは、当社のシステムの原動力である 100 万人を超える労働者に有利な具体的な措置です。学校の中心性を取り戻すための新たな一歩」と教育功労大臣は宣言します。 ジュゼッペ・ヴァルディターラ.

これは教育功績省など国家的に重要な機関との重要な協定です。、 "説明してい ジョセフ・チェスナット, バンコBPMのCEO。 「私たちは、公益のために活動し働いている多くの人々に信頼を置き、学校の世界で働く人々の生活と支出の促進に貢献できることを嬉しく思います。これは学校の将来にとって非常に重要です。この国、教育は明日の支配層に依存しているからです"。

UniCreditのCEO、 アンドレアオルセル、宣言: "UniCredit は、コミュニティの発展を可能にするという 1 つの目的によって推進されています。私たちがサポートするヨーロッパ全土のコミュニティは、銀行としての私たちの活動の中心となっています。私たちは、イタリアのコミュニティの発展と成長をサポートするための新しい取り組みに取り組むことを常に誇りに思っています。イタリアの教育部門で働く100万人以上の労働者を支援するために教育功績省と締結された新しい協定は、その好例である。これは、UniCredit Foundation のおかげで当社がヨーロッパ全土で実施してきた教育促進の取り組みに追加されるものです。私たちの顧客にとって理想的な銀行パートナーであるということは、最善を尽くす可能性を保証することを意味しており、教育功労省との協定がこの意味で私たちに新たな機会を提供してくれることに興奮しています。"。

学校職員向けに福利厚生プラン、住宅ローン、補助金付き銀行サービスを開始