不公正な慣行:パトゥアネッリ:「生産コストよりも低い価格での制裁販売に対する15%の制限を撤廃することへのコミットメント」

ビュー

私の提案では、閣僚評議会は、農業食物連鎖における商取引における不公正な慣行を禁止する法令の暫定草​​案を承認しました。 これは、貿易当事者間の勢力均衡を再調整し、農民と生産者のより公平な立場を確保するのに役立つ非常に重要な措置です。

今後XNUMXか月以内に、法案は議会委員会の意見を求めて提出され、年末までに閣僚評議会によって最終的に承認される必要があります。

この時期に、法により「適正価格」を確保できる基準を設けることにより、弱者の契約上の立場をさらに強化することを目指して、テキストをさらに改善するために協力できることを願っています。農業生産者。 たとえば、農産物や食品を生産価格よりも安い価格で販売することは、不公正な商慣行として常に制裁されるべきだと私は信じています。

残念ながら、政府が法令草案を作成した根拠となった全権委任法では、この目標を達成することはできませんでした。 実際、代表団の議会は、生産コストより15%低い価格で農産物を販売するという仮説に対してのみ禁止を規定しました。 私は昨日閣僚評議会でもそれについて話しました、そして議会がその意見または修正でそうすることを決定した場合、私たちは皆、15%の割り当てへのこの言及を排除することを約束しました。 -農林水産政策大臣のステファノ・パトゥアネッリが宣言していることです。

不公正な慣行:パトゥアネッリ:「生産コストよりも低い価格での制裁販売に対する15%の制限を撤廃することへのコミットメント」