企業の減損融資に関するAbi-Cervedの2023年から2025年の見通しを発表

企業向け融資の悪化率:2023年はコロナ前より高い水準(3,1%)、2024年はピークの3,8%、2025年は新たに減少(3,1%)。

インフレ、ECBの金融制限政策、成長鈍化により、2024年末まで新たな減損融資が増加し、信用悪化率は2016年以来の最高水準に達すると予想される。 2025 年には、今年の水準から新たな減少が見込まれます。 2023 年に最も顕著な増加は中堅工業企業に関するものであるが、XNUMX 年間全体では主に農業および建設部門の零細企業になるだろう。

インフレ、ECB の金融制限政策、それに伴う金利上昇と景気減速により、不良債権が新たに増加し、今後 2023 年間で過去数年間に記録された歴史的低水準に比べて大幅に増加すると予想されます。 実際、Abi と Cerved の推計に基づくと、3,1 年の事業信用悪化率(期初に履行された融資のうち、年度中に不履行となる割合を表す指標)は 2,2% から 2022% に達すると予想されています。 2019年には%となり、2,9年のXNUMX%だった新型コロナウイルス感染症前の値を初めて超えた。 

その後、2024年にはさらなる上昇が見込まれており、これにより同指数は3,8年以来の最高値である2016%のピークに達するとみられるが、2025年には傾向が逆転し、新たな減損ローンが減少し、悪化は3,1%となるだろう。したがって、2019 年よりはまだ高いですが、2012 年に記録された最大値 (7,5%) には程遠いです。 これらは、Abi-Cerved Outlook 2023-2025の主な結果です。この報告書は、AbiとCervedが企業の新たな減損融資の流れの推計について定期的に実施しています(データには、不良債権に加えて、銀行が分類する必要がある融資も含まれています)売掛金の支払いや延滞の可能性が低いなど)、セクター別および地理的エリアごとの寸法詳細を示します。

図1 – 企業向け融資の悪化率

ソース ABI-CERVED

イタリア銀行が発表した最新の公式データが示すように、非金融企業の融資悪化率は、2022年末にわずかに増加した後(2,2年第2,0四半期の2021%に対し2023%)、 2,3 年の第 2,0 四半期も引き続き成長し、前年同期の 2023% に対して 2,4% に達しました。 アビとサーヴェドは、平均して3,3年に最も高い増加率が見られるのは零細企業(1%から1,9%)と大企業(1,7%から2,8%)、そして工業部門で事業を展開する企業(0,9%から2,4%)になると予想している。 )、特に中規模のもの(2,8%から4,0%)、そして南イタリアに位置しています(XNUMX%からXNUMX%)。 

2024 年をピークに、2025 年末にはすべての企業規模クラスで信用悪化率が 2023 年と同等かそれ以下の値に戻る。 セクター別レベルでは、状況はより不均一であり、建設業と農業は2023年と比べて状況が悪化している(それぞれ2,9%から3,3%、2,8%から3,2%)が、2019年よりも低い水準を観測した唯一のセクターは建設業である。 (3,3% 対 4,0%)。 領土レベルで見ると、南部は2019年と比較して劣化率が減少した唯一の地域である(3,9年の4,2%に対して2019%)。

「私たちは、地政学的な背景に由来する不透明な状況と、パンデミック期間中に適用された緊急措置の確実な終了により、2023年中に企業の減損融資が再び増加すると予測していました。 しかし、近年、市場は不良債権量の増加に対処する構造になっており、銀行や専門事業者の経営方針も成熟してきているとサーヴェド・グループCEO、アンドレア・ミニャネッリ氏は述べている。この微妙な経済局面では、一定のルールと安定した不良債権管理を実現します。 データ、アルゴリズム、テクノロジーにより、企業への資金提供を継続しながら、不良債権の処理をより効率的に行うことが可能になります。」

「高インフレ、抑制的な金融政策、景気減速は企業の財務リスクの悪化につながるリスクがあり、不良債権が増加する条件を生み出している」。 これはABIのジョバンニ・サバティーニ事務局長のコメントで、「これに関連して、例えば銀行融資の再交渉に罰則を課す現在の欧州規則の一部は速やかに見直されるべきである」と付け加えた。

2023 年の部門別トレンド

企業向け融資の悪化率に関するセクター別の推計によると、2022年から2023年にかけて、工業(1,7%から2,8%)と農業(1,8%から2,8%)から始まり、対象となるすべてのセクターで新規融資不履行が増加することが示されている。 )。 最も悪化率が高いのはサービス部門であり、3,2%(前回は2,3%)、次いで建設部門(2,9%から2,1%)となっている。 デフォルト率の増加により、工業とサービスは新型コロナウイルス感染症以前の水準(2,3年はそれぞれ2,8%と2019%)を上回る一方で、農業と建設は依然として2019年の値(それぞれ3,1%と4,0%)を下回っている。

図 3 – マクロセクター別の企業信用の悪化率

ソース ABI-CERVED

2023 年の地理的傾向

推定では、2023 年には国内のすべての地域で企業信用の悪化率が増加することが示されています。 南部と諸島はデフォルト率が最も高い地域であることが確認されており、2,8年の2022%から4%に上昇した。 それにもかかわらず、南部は新型コロナウイルス感染症以前の水準(4,2%)を下回っている唯一の地域である。 北部でも悪化率の大幅な増加が記録され、北東部は前年の2,3%から1,6%に、北西部は1,8%から2,6%に上昇し、両方の2019年の値(2,4%)を上回りました。北西部では2,1%、北東部では1%)。 同センターは2,7パーセントポイント成長し、2022年の3,7%から2023年にはXNUMX%となる。

図4 – マクロ分野別の企業信用悪化率

ソース ABI-CERVED

2024/2025 年の予測

2024/2025 年の 2024 年間における新規不良債権の流れの予測は、大きな不確実性と経済活動の減速を特徴とする経済枠組みを反映しており、非金融企業のデフォルトにおける新規融資が急増している。実際、悪化率は3,8%に達し、2016年以来到達していない値に達するが、2025年には3,1%に低下し、2023年のレベルに戻るだろう。

2024年には、新規不良債権の増加はあらゆるセクターに影響を及ぼし、建設(2,9年の2023%から3,9%へ)、サービス(3,2%から3,9%へ)、産業(2,8%から3,5%へ)の悪化がより顕著になるだろう。 )、その代わりに 2025 年に最も明確な改善が見られ、2,7% に戻ると予想されます(2,8 年は 2023%)。 減少幅はそれほど大きくないものの(0,6 年と比較して -2024 パーセントポイント)、予測期間の終了時点で、2019 年の値(4%)を下回る唯一のセクターは建設業となるでしょう。 農業は2,8年の2023%から3,4年には2024%に上昇し、2025年には3,2年の3,1%から2019%に低下する。

地域レベルでは、2024 年には北西部(2,6 年の 2023% から 3,4%)でより大きな成長が見込まれる一方、南部と諸島(4,0% から 4,6%)が引き続き最もリスクの高い地域となり、次いでセンターによる (3,7% から 4,4%)。 予測期間の終了時点では、南部のみが新型コロナウイルス感染症以前と比較して低い金利を維持し(3,9年は4,2%に対し2019%)、中部の値に収束するだろう。

企業の減損融資に関するAbi-Cervedの2023年から2025年の見通しを発表