COVID-19 ワクチンの監視に関する第 XNUMX 回 AIFA レポート

イタリア医薬品庁は、COVID-19ワクチンに関する第27回ファーマコビジランスレポートを発行しました。 収集および分析されたデータは、現在のワクチン接種キャンペーンで使用されている2020つのワクチンについて、26年2021月XNUMX日からXNUMX年XNUMX月XNUMX日までの間にNational PharmacovigilanceNetworkに登録された疑わしい副作用の報告に関するものです。

検討期間中、投与された合計66.258回の投与のうち32.429.611回の報告があり(報告率は204回あたり100.000回)、そのうち約90%が注射部位の痛み、発熱、無力症などの非重篤な事象に言及していました。 /疲労感、筋肉痛。 以前のレポートで報告されているように、報告されたイベントは主にワクチン接種の同じ日または翌日に発生します(症例の83%)。

深刻な報告は全体の10,4%に相当し、ワクチンの種類、用量(21回目または100.000回目)、およびワクチン接種の考えられる因果的役割に関係なく、投与されたXNUMX回の投与あたりXNUMX回の重大なイベントの割合があります。

ほとんどの報告はComirnatyワクチン(71,8%)に関連しており、これまでのところワクチン接種キャンペーンで最も使用されており(投与量の68,7%)、Vaxzevriaワクチン(報告の24%と20,8)についてはそれほどではありません。投与量の%)、Modernaワクチン(報告の3,9%および投与量の9%)、およびCOVID-19 Janssenワクチン(報告の0,3%および投与量の1,5%)。

すべてのワクチンで、最も報告されている有害事象は、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉/関節の痛み、注射部位の痛み、悪寒、吐き気です。 最も頻繁に報告されているワクチン接種関連の重篤な有害事象は、重篤な症状を伴うインフルエンザ様症候群であり、mRNAワクチンのXNUMX回目の投与後およびVaxzevriaのXNUMX回目の投与後に頻繁に発生します。

Vaxzevriaのワクチン接種を受けた被験者の頭蓋内および非定型静脈血栓症の報告率は、主に1歳未満の人々で、ヨーロッパレベルで観察されたものと一致しています(初回投与100.000万回あたり60例、XNUMX回目以降の症例なし)。 。。

レポートは、AIFAWebサイトの次のページで入手できます。 https://www.aifa.gov.it/farmacovigilanza-vaccini-covid-19

COVID-19 ワクチンの監視に関する第 XNUMX 回 AIFA レポート