(e)消費する方法を知っている、学校のための競争が始まった

若者と大人を持続可能で責任ある消費に教育し、敏感にし、学校での情報トレーニングパスを促進し、公民教育の教育にも使用できるデジタルスキルを開発します。

この目的で、IおよびII学位のすべての中等学校を対象としたコンテストが本日開始され、来年度の教育提供拡大プロジェクトのプレゼンテーションに参加できるようになります。

このイニシアチブは、教育省と協力して経済開発省によって推進および資金提供された「Know(e)Consumare」プロジェクトの一環として生まれました。

各学校は、ウェブサイトwww.formazione.it/ProtocolliInRete/のフォームに添付されるプロジェクトを23つだけ参加するか、59年30月2022日の午後XNUMX時XNUMX分までにSIDIエリアにアクセスすることで参加できます。

学校は、教師向けの情報トレーニングの過程でここ数か月で作成され、ウェブサイトwww.sapereconsumare.itから自由にアクセスできる資料を使用して、教室で精巧に開発する必要があります。これは、これらXNUMXつのテーマ分野のうち少なくともXNUMXつに関するプロジェクトです。 :デジタル教育(接続された生活の権利、機会、リスク)、消費者の権利、持続可能な消費(サーキュラーエコノミー、資源管理、無駄との戦い)、金融教育。

最高のプロジェクトは、研究所の技術設備を強化し、学生のデジタルスキルを促進するために、受賞した各学校に割り当てられる10.000ユーロの寄付で授与されます。

ランキングはwww.sapereconsumare.itで公開されます

(e)消費する方法を知っている、学校のための競争が始まった