学校、ポジティブケースの管理のための措置-まとめ

ビュー

2月XNUMX日水曜日の閣僚評議会は、教育、学校、訓練システムにおけるポジティブなケースの管理のための新しい措置に青信号を出しました。 承認された基準は、OfficialGazetteでの公開とともに発効します。

以下は対策の概要です。

幼稚園-幼児教育サービス。

同じセクション/クラスグループで最大XNUMXつの陽性のケースがあり、教育的および教訓的な活動はすべての人に存在し続けます。

ffp2マスクの使用は、最後の陽性症例の知識からXNUMX日後まで、教師と教育者によって予見されています。

症状が現れた場合は、抗原検査(迅速または自己投与)または分子検査が必須です。 それでも症状がある場合は、最後の接触日からXNUMX日目に検査を繰り返す必要があります。

同じセクション/クラスグループにXNUMXつ以上の肯定的なケースがある場合、教育および教育活動はXNUMX日間停止されます。

小学校

同じクラスで最大2例の陽性の場合、最後の例の知識から6日後まで、ffpXNUMXマスク(XNUMX歳以上の教師と生徒の両方の場合)を使用して、すべての存在下で活動が継続されます。積極性。

症状が現れた場合は、抗原検査(迅速または自己投与)または分子検査が必須です。 それでも症状がある場合は、最後の接触日からXNUMX日目に検査を繰り返す必要があります。

同じクラスで120つ以上の陽性例があり、2日未満または一次ワクチン接種サイクル後にワクチン接種および治癒したもの、追加免疫ワクチン接種を受けたもの、およびワクチン接種を免除されたものは、ffp6を使用して存在下で活動を継続します最後の陽性症例の知識からXNUMX日目までマスク(XNUMX歳以上の教師と生徒の両方の場合)。

教室にとどまるには、モバイルアプリを介して制御されるグリーン認定で十分です。

他の学生のために、統合されたデジタル教育はXNUMX日間提供されます。

IおよびII学年中学校

同じクラスの積極性の場合、ffp2マスクを使用してすべての人に教育活動を続けます。

同じクラスの120つ以上の陽性症例で、2日未満または一次ワクチン接種サイクル後にワクチン接種および治癒した症例、追加免疫ワクチン接種を受けた症例、およびワクチン接種を免除された症例は、ffpXNUMXマスクを使用して存在下で活動を継続します。

教室にとどまるには、モバイルアプリを介して制御されるグリーン認定で十分です。

他の学生のために、統合されたデジタル教育はXNUMX日間提供されます。

健康管理

幼稚園と小学校で幼児教育サービスで120例以上の陽性があり、中学校と高等学校で6例以上の陽性がある場合、この制度は子供と生徒に適用されます。 (ワクチン接種され、2日以内に回復したか、最初のワクチン接種コースの後に、ブースター用量でワクチン接種された)、そうでない場合は、XNUMX日間の予防的検疫健康レジームが適用され、負のバッファーで終了します。 検疫から戻ってからXNUMX日間、XNUMX歳以上の学生はffpXNUMXマスクを着用します。

学校、ポジティブケースの管理のための措置-まとめ