学校、17月22日からXNUMX日までのパンデミック傾向に関するモニタリングデータを公開

本日から、Bianchiデータを収集するための特別なセクションがアクティブになります。「出席した学生の80%以上が、下された決定の良さを確認しています。 現在、簡略化に取り組んでいます "

本日より、17月22日から10日までの学校のパンデミック傾向に関するモニタリングデータは、文部省のウェブサイトでご覧いただけます。 先週、教育大臣のPatrizio Bianchiは、15月XNUMX日からXNUMX日までの期間に関連するものを公開セッションで議会、文化委員会、商工会議所に提供しました。 今週から、MI機関のウェブサイトに作成された特別なセクションで、大臣の推薦に基づいて、データが毎週(毎週金曜日)公開されます。

データは、教育省(SIDI)の情報システムで利用可能な「COVID-19緊急傾向調査」を通じて収集されます。この調査は、前週に関連するデータを挿入することにより、学校の校長(またはその代表者)によって毎週編集されます。 したがって、データは、教育機関の機能を監視し、その安全性と運用を保証することを目的として学校で実施された調査の結果です。

「データによると、女性学生の80%以上が、休暇から戻ってからXNUMX週間後でも、出席している学校に通っていました。これは、ビアンキ大臣を強調しています。 これは、パンデミックの傾向の全国的な状況を反映し、行われた選択の良さを示す図です。 今後も国の保健当局や保健省とともに状況を監視し、皆様の安全を最大限に確保していきます。 同時に、学校や家族が学校環境でのポジティブなケースの管理に最大限の静けさとスピードで対処するのを助けることができるさらなる簡素化に取り組んでいます。

学校、17月22日からXNUMX日までのパンデミック傾向に関するモニタリングデータを公開