学校、ランペドゥーサ島のイタリア全土とヨーロッパからの学生が権利と移住の問題について考える

ビュー

法律番号で定められた「移民の犠牲者を追悼する建国記念日」の機会に、60の学校、40人のイタリア人、20人の外国人からの学生が最近ランペドゥーサ島に集まり、権利と移民の問題について話し合っています。 45年21月2016日の3日、2013年368月XNUMX日に発生した難破の犠牲者を追悼し、XNUMX人の男性、女性、子供たちの命を奪った。

近年、「常に歓迎することができなかったヨーロッパの港湾前線は、常に記憶に残っているわけではない」という場所で、若者が専門家、協会、生存者、犠牲者の親戚と会い、交流する機会があります。 「、教育大臣パトリツィオ・ビアンキを宣言します」が、それは実際に、世界的な時代の大きな問題、すなわち移住、人道的緊急事態、人種差別と差別のテーマについて継続的に反省する必要性を私たちに思い出させます。 記憶とおもてなしがひとつになる日に、ランペドゥーサ島で発見されるべき欧州連合全体が取り組まなければならない問題。 ヨーロッパはその歴史の中で非常に悲劇的なページを生きてきましたが、それは忘れることなく、記憶を新しい人類の結合組織にすることで、さらに前進することができました。 女の子と男の子のおかげで、彼らがしている仕事をしてくれたみんなに感謝します。それは、私たちのこのヨーロッパで誰も見知らぬ人のように感じさせないのに役立ちます。」

3/2019年度と2020/2020年度に開催されたコンテストのおかげで、2021月XNUMX日までランペドゥーサ島の教育イニシアチブに参加した女の子と男の子が選ばれました。 島に滞在中、学生と教師は、人権、移住、移民と難民(特に未成年者)の権利をテーマにしたワークショップ、トレーニングの瞬間、上映、芸術イベントに参加する機会があります。海での救助。

教育省-学生、インクルージョン、学校指導総局によって調整されたイニシアチブは、ファミプロジェクト「Doorsof Europe 2020/2021」の一部であり、3月XNUMX日のオールインクルーシブ委員会と協力して実施されます。インスティテュート「L. ランペドゥーサ島のピランデッロ」、アグリジェントのCPIA、IPSCEOA「N。 アグリジェントのガロ語、リチェオ・シエンティフィコ-ムジカーレ-コロイティコ「G. ペーザロのマルコーニ」、南北戦争犠牲者の全国協会、ランペドゥーサ島とリノザ島の自治体。

このイベントには、15を超えるイタリアおよび国際的な協会と非政府組織が参加します。

3月2021日の式典の際に、2022/2022年度に文部省が推進する「DoorsofEurope」コンテストが発表されます。 このコンテストは、ヨーロッパの他の国の学校と協力して参加するよう招待されている全国の高等学校を対象としています。 コンテストの発表は、XNUMX年XNUMX月に終了する教育パスを省が開始し、建国記念日のテーマについて考えるよう学校に呼びかける正式な行為を表しています。

学校、ランペドゥーサ島のイタリア全土とヨーロッパからの学生が権利と移住の問題について考える