学校、ヴァルディタラが生徒会の各国代表と面会

「新しく選出されたメンバーの皆さん、頑張ってください。若者が学校生活に熱心に取り組むことは、重要な教育の瞬間を表しています。」

ジュゼッペ・ヴァルディターラ教育功労大臣は本日、ミム大臣ホールで、新しい国家調整局(UCN)の一部である州生徒会(CPS)の地域代表と会談した。実際、昨日、集まった地域の代表者らは、協議事務局を構成する4つの主要ポストを選出した:国家報道官ルカ・サント氏(ラツィオ)、副報道官マッテオ・ボネッティ・ピヒャー氏(トレント自治州)、書記ジョバンニ・デマルティーノ氏(カンパニア州)とリッカルド・ダッラカサグランデ市議会議員(エミリアロマーニャ州)。

「各学校内では、ヴァルディターラ大臣が宣言したように、生徒の参加は州生徒会で最大限に表現されています。民主的な選挙を通じて実施されたこの取り組みは、若者にとって非常に教育的な瞬間を表しています。憲法学校は生徒を教育過程の中心に据えています。就任初日以来、私は常にこの原則を強調してきました。だからこそ私は、民主主義の真の訓練の場である生徒会の役割を高めていきたいと考えています。

建設的な議論の名のもとに、私と教育功績省側が耳を傾け、支援することが決して失敗しないことを保証し、新しく選出された学生たちの健闘を祈ります。」

学校、ヴァルディタラが生徒会の各国代表と面会