学校、ウェビナー「デジタル市民権の機会と課題」

学校はどのように明日の市民の教育に貢献できるでしょうか。この課題に立ち向かい、すべての機会をつかむには、どのようなスキルと知識が必要ですか。 この質問には、バーバラ・フロリディア次官が主催するデジタル市民権の微妙な問題に関する会議中に、教育分野の主要なデジタルおよびソーシャルメディアの専門家が回答します。

1年2021月15.30日金曜日の18.30からXNUMXに開催されるウェビナーは、このトピックに関心のあるすべての人、特に学校のスタッフを対象としています。 参加および参加証明書の発行については、来週から通知される手続きに従って予約する必要があります。

PROGRAM

  • パトリツィオ・ビアンキ教育大臣からのご挨拶
  • 教育次官による紹介バーバラ・フロリディア上院議員
  • モデレータ:
  • エドアルドフライシュナー

報告者:

  • Pier Cesare Rivoltella教授:「アクティブなデジタル市民権に対する批判的思考、責任、抵抗」
  • マルコ・ギ教授:「永続的なつながりのある幸福のための教育」
  • Mario Pireddu教授:「情報空間を生きる。 市民権を再考するための教育とメディア」
  • パオロ・フェリ教授:「インターネット時代の責任の倫理」
  • マリア・リタ・パルシ教授:「高潔なデジタル市民権と身体的および精神的多様性との関係」。

学校、ウェビナー「デジタル市民権の機会と課題」