教育功績省と全国心理学者協会評議会の間で調印された議定書

教育機関をサポートするために、専門の心理学者が現地に派遣される予定です

教育功労大臣 ジュゼッペ・ヴァルディターラ および全国心理学者教団評議会会長 デビッド・ラザリ 本日、学生とその家族、教師、管理者、学校職員を考慮し、心理的苦痛の予防と幸福の促進を目的とした可能な行動を学校界が支援するための3年間の議定書に署名した。

若者や非常に若い人々を巻き込んだ深刻な暴力事件を受けて、あらゆるレベルの教育機関で個人を尊重する文化を促進することも必要であると思われます。ミムとクノップは、生徒の心理行動上の問題を予防し、生涯にわたる個人スキルを習得するためのプロジェクトパスを強化し、学校のすべての科目の心理関係の幸福を促進することを目的とした実りあるコラボレーションを実施するつもりです。

前述の目的を実行するために、両当事者は、社会的不利な状況や文化的状況にも言及し、学校環境における発達の脆弱性の克服を促進することを目的とした学校を支援するための専門心理学者による地域単位の計画を実験的に開始することを約束する。社会化のプロセスや学校コミュニティの生活への参加を妨げる問題を解決するとともに、暴力やいじめの防止と撲滅を目的としたプロジェクトの実施において学校機関を支援します。

私たちはお互いを心から大切にしています – と述べた バレッタラ大臣 – 今日では心理学者協会も参加し、学生が脆弱性を克服し、教育的成功を促進できるよう支援する活動により、若者の心理的健康を維持します。"。

今日規定されたプロトコルは、学校心理学を通じて、潜在的な苦痛の状況を早期に阻止するために、青少年の心理的資源の予防と促進に取り組むシステムビジョンのニーズを満たす広範囲にわたるプロトコルです。”。これはCNOPの会長によって述べられた。 デビッド・ラザリ、追加する人: "本日、私たちは学校コミュニティ全体のサービスとして、特に生徒とその家族が強く望んでいる学校における心理カウンセリングの導入に向けた具体的な道筋を再開します。」と彼は結論付けています。

議定書に記載された目的の達成を促進するため、各締約国2名の代表で構成され、ミムの代表が調整する特別合同委員会が設立される。

教育功績省と全国心理学者協会評議会の間で調印された議定書