シリア:メクロンとプーチンの会談の中心

ビュー

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、本日からXNUMX日間のサンクトペテルブルク訪問を開始し、ウラジミール・プーチンに会い、日本の首相である阿部真三とともに国際経済フォーラムにゲストとして参加します。 これはフランスのマスコミによって報告され、ウクライナ、シリア、環境に関するものなどの主要な国際関係書類が、XNUMXつの国家首脳間の協議の中心になると説明した。 しかし、ワシントンが最近ウィーン協定を終了することを決定したことを考えると、イランの核取引は重要な役割を果たすでしょう。 マクロンは欧州連合のスポークスパーソンとなり、モスクワとパリ、ロンドン、ベルリンによって形成された西部ブロックとの間の緊張を和らげようとします。 フランスの国家主席は、米国の動きにも反対しているプーチンとの収束点を確立しようとします。 スクリパル事件、シリアでの西側軍による攻撃、モスクワに対する制裁の確認などの出来事は、ヨーロッパとロシアの間の関係を悪化させ、指導者間の対話を促進しない緊張の高まりにつながった。 国際的な摩擦と彼のスタッフの大部分の反対の意見にもかかわらず、マクロンはとにかくこの旅をすることに決めました。

その間、シリアでは攻撃が続いています。 少なくとも12人の政府の戦闘機が、テロに対する国際連合によって行われた空襲の間にシリア東部で一晩死にました。 これは、ロンドンに本拠を置く非政府組織であるシリア人権天文台(Sohr)によって報告されました。 連合の戦闘機は、シリアとイラクの国境にあるユーフラテスの西岸にある町、アルブカマルの南にあるシリア政府の列を攻撃したとされています。 空爆では、12人の親政府戦闘機が殺された。 Sohrは、犠牲者は通常の兵士ではなく、国籍が特定されていない外国の戦闘機であると述べています。 次に、シリア政府の報道機関「サナ」は、国際的な反テロ連合がアルブカマルのセクターでいくつかの空襲を実行したと主張している。 しかし、「サナ」によれば、攻撃は物的損害を引き起こすだけだという。

シリア:メクロンとプーチンの会談の中心