カンパニアアペニン、正確にはピッツォサンミケーレ、139°ストーモの85°SARセンターのHH15Aヘリコプターで夜の救助を実行するために

アヴェリーノ県のモンティピアチェンティーニリージョナルパークにあるサンミケーレピッツォで重傷を負った139歳の男性を回復するために、HH-38Aヘリコプターが深夜に介入しました。

軍の資産の85つである軍用ヘリコプターは、この種の輸送のためにも国土での離陸の準備ができており、15番目のSAR(Search and Rescue)の本拠地であるPratica diMareの軍事基地からすぐに離陸しました。 )XNUMX°ストーモの-そしてすぐに負傷者がいたアクセスできない山岳地帯に到達しました。

カンパニアの国立高山およびスペレオロジカルレスキュー隊の男性と緊密に協力し、空軍に供給されたナイトビジョンデバイスであるNVGゴーグル(ナイトビジョンゴーグル)の使用のおかげで、乗組員は負傷者を回復し、彼は彼をアヴェリーノのスポーツフィールドに移し、そこで彼はその後118の特定のケアを任されました。

この夜の介入は、Poggio Renatico(FE)の航空宇宙作戦司令部、特にイタリア空軍の司令部および管制センターであるイタリア航空作戦センターの救助調整センター(RCC)の作戦室によって調整されました。この種のすべての運用活動が管理されています。

今夜は、非軍事目的で民間の領域で実行される活動における軍事機器の柔軟性の具体的な例です。

第85センターは、イタリア空軍の15°ストーモの部門の24つであり、24時間、365日、中断することなく、困難な飛行乗務員の捜索と救助を保証します。さらに、海や山で行方不明者を捜索するなどの公益事業の活動、生命の危険にさらされている患者の緊急医療輸送、および限界気象条件でも動作する深刻なトラウマを抱えた患者の救助に。 その構成から今日まで、15°ストーモの乗組員は生命の危険または深刻な困難の状態で7300人以上の人々を救いました。

エアレスキュー:負傷した男性が夜間にパルコデイモンティピセンティーニに運ばれました

| ニュース ' |