ソフトパワーはますますNATOにとって重要です

ビュー

NATOは政治軍事同盟であり、そのソフトパワーはますます重要になっています。 これは、本日アメリカ研究センターで開催された「ロシア大西洋横断フォーラム」会議で、NATO議会の議長であるPaoloAlliによって述べられました。 Alliは、2014年の防衛費に関する合意が加盟国に対して2%に設定されたことを、「トランプの発明ではなく、支出方法の検討にもつながる深刻な問題である」ことを想起しました。 NATO議会の議長が指摘するように、一部の国では2%以上を費やしているが、国際的な任務に兵士を与えていない。一方、イタリアには、確立された基準に達していないが、約8人の男性が海外で雇用されている。 その後、Alliは、ドイツのような国が軍事費をXNUMX倍にした場合、再軍備セットの結果について疑問に思いました。 「最初の目的である費用の減少を食い止めること、そして投資を回収することは達成されました」とAlliは続けました。 NATOは「軍事同盟ではなく、政治的およびソフトパワーの側面がますます重要かつ強力になる政治的軍事的同盟です」。 アトランティックアライアンスは現在、地域だけでなくグローバルとして認識されている組織であるため、NATOのソフトパワーはEUよりも高いAlliによるとです。 迅速な反動軍への投資はまた、北だけでなく南側の側面での作戦にも利用できるようにする、とNATO議会議会の議長は説明し、最後に大西洋同盟の使命が大部分どのようにあるかを強調した。国連との平和維持、「軍事、諜報、サイバーセキュリティの構造が、アフリカなどの遠隔地への介入に利用できるようになっている」。 

ソフトパワーはますますNATOにとって重要です