したがって、保健次官のピエルパオロ・シレリは次のように述べています。 2022年の終わりまでに、別の亜種が到着しない限り、ほぼ全人口がこの亜種に遭遇することは間違いありません。 ワクチン接種を受けた人はより保護され、おそらくより軽い形になるでしょう」。 [...]の強い懸念に直面しました

詳しくはこちら