カタールとドイツの後、日本はまた、航空自衛隊とレオナルド空軍参謀総長、アルベルト・ロッソ空軍参謀総長、および航空自衛隊総長での作戦訓練を完了するために軍のパイロットを派遣することを選択した。航空自衛隊(JASDF)の井筒俊司将軍が署名した[...]

続きを読む

空軍参謀総長は、ロレンツォ・ゲリーニ国防相のドーハ訪問の際に数日前に終了したことを発表しました。その中で、とりわけ、二国間軍事および技術産業協力に関連するさまざまな問題が取り上げられました。両国間で、イタリア空軍間で重要な技術協定が締結されました[...]

続きを読む

フェーズIV飛行訓練は、訓練管理情報システム(TMIS)の助けを借りて、レッチェ県の#Galatinaに本拠を置く61°Stormo dell'AeronauticaMilitareの国際飛行訓練学校で計画されました。 これは、空軍学校司令部の貴重な協力によるレオナルドの高度な管理ソフトウェアです。 TMISシステムは現在[...]

続きを読む