トランプ、「米国の忍耐力が尽きている」。 同盟国、「軍事支出が増加した」

ビュー

次のNATOサミットを考慮して非常に問題のある海域。 トランプ米大統領は、2014年にウェールズで開催されたNATOサミットで決定されたように、軍事支出に充てるためのGDPの割合を増やす、つまりGDPの少なくとも2%を国防に費やすように、同盟国に手紙を送りました。 これは、トランプが元に戻せない基本的なステップです。 同盟国がそうせず、より多くを費やすならば、非整列は世界におけるアメリカ軍の存在の再配置の前兆となる可能性があります。 ブリュッセルでの次のサミットでは、カナダのG7の衝撃の後、同盟国間の別の正面衝突が発生する可能性があります。 大きな違いがあります。つまり、ブリュッセルの直後に16月XNUMX日にヘルシンキでトランプとプーチンの間にサミットがあり、パートナーとの緊迫した気候は、西部戦線の分裂を目指しているウラジミールプーチンを支持する可能性があります。その他、モスクワに対する制裁を終わらせるため。 トランプのスローガンは、解釈の疑いを残していません。 「米国の忍耐力は尽きている」、特にアンジェラ・メルケルに言及し、ドイツはNATOの「安全を損なう」と彼女に書き、彼女の軍事費を増やさないことによって他の同盟国の「悪い例」であると非難した。
ホワイトハウスからアトランティックアライアンスのさまざまなリーダーに送られた手紙の根底にあるテーマは、トランプが選挙運動以来追求してきたことです。 安全保障の重荷、アメリカ大統領は繰り返し非難しました、結局ほとんどすべてがアメリカの肩にかかっています。 アメリカ人に正当化することはますます困難になっているので、彼女はマーケルに、アメリカの兵士が海外で命を犠牲にしたり、重傷を負って帰宅したりしながら、NATOの安全保障の負担を分担しない国がある理由を書いた。 ドイツ国防相のウルスラ・フォン・デア・ライエンは彼女の対応を遅らせず、ドイツは「必要なだけ」を費やしていると述べた。透明度の高い成長」。 フランク・バッケ・ジェンセン国防相から関連報道機関に委託されたノルウェーからの同じ反応:「ノルウェーは2014年のNATOサミットで下された決定を進めている」。 ジュゼッペ・コンテ首相は記者会見で次のように強調しました。「私はNATOサミットに出席し、トランプに「誓約」を訴えました。 イタリアは貢献していますが、貢献の形態は経済的措置だけでなく、NATOへの戦略的介入もあります。 これらの形の貢献は一緒に考慮されなければなりません」。 もちろん、参照は、イタリアが米国に次ぐNATOへの最大の貢献者である国際ミッションへの言及です。

トランプ、「米国の忍耐力が尽きている」。 同盟国、「軍事支出が増加した」