トランプはNATOを去ると脅し、軍事費はGDPの4%になります。 2018年のイタリアはわずか1,4%です。 Stoltenberg、2年までに2024%

ビュー

ブリュッセルで開催されたハイテンションNATOサミットであるトランプは、NATOを去ると脅迫し、2年の合意に基づいてすべての同盟メンバーに国内GDPの少なくとも2015%を軍事支出に費やさせるように働きかけています。ブルガリアのルーメン・ラデフ大統領は、トランプが国防費をGDPの4%に引き上げるようNATO加盟国に働きかけるとマスコミに語ったと伝えられている。

Enrico Piovesanaが編集したMIL€X2018レポートを検討すると、イタリアに関する限り、25億ユーロがイタリアの軍事支出に費やされていることが明らかになりました。 2018年、GDPの1,4%、 4年と比較して2017%の増加でした。現在、レンツィ政府によって開始された成長傾向(8,6年と比較して2015%の増加)であり、停止の兆候は見られません。 実際、2018年には国防省の予算も増加し(21億、3,4年より2017%増加)、新しい武器の購入に対する経済開発省の貢献(3,5億、うち427億115万)住宅ローンの費用、すなわち最後のXNUMXつの議会でXNUMX%多い)。

NATO事務局長のイェンス・ストルテンバーグとの二国間会議で、トランプはドイツについても明確に言及しました。 「」ドイツはエネルギーでロシアの囚人であり、それから私たちはそれをロシアから保護しなければなりません、それを私たちに説明してください。 ポーランドのように、ロシアの囚人になるためにロシアのガスを受け入れない国があります"

Stoltenbergは、「防衛費のGDPの2%である、合意したことに焦点を当てます。これから始めましょう」と言って、彼の精神を落ち着かせました。 議論や意見の不一致があるのは事実ですが、重要なのは実体であり、私たちは結果を出しているのです」。
Stoltenbergはまた、「同盟国は防衛費を2年までに2024%に増やすことを約束した」と述べ、私たちは正しい方向に進んでいます。 サミットは非常に重要であり、「米国とドイツの司令部構造やテロとの戦いなど、さまざまなトピックが議論されます」。

これに関連して、ジュゼッペ・コンテ首相は、ブリュッセルでのNATOサミットの初日の終わりのツイートで、「ナポリハブの完全な運用」と書いています。 イタリアのおかげで、NATOから南ヨーロッパからの挑戦へのより大きな注目が集まっています。」

 

 

 

 

トランプはNATOを去ると脅し、軍事費はGDPの4%になります。 2018年のイタリアはわずか1,4%です。 Stoltenberg、2年までに2024%