学問的、教育的放棄の写真

ビュー

繰り返しになりますが、南部は18歳から24歳で、せいぜい中学校の若者が勉強と職業訓練の両方を離れる地域です。 実際、イタリアで平均してこれらの若者が14%弱である場合、南部では18,5%に達し、北部では11,3%、中央部では10,7%に留まります。 そして、研究を中断するのは女性よりも男性の方が多いです。南部の男の子は21,5%、南部の女の子は15,2%です。 これらは、「イタリアの二元論の教育システム」に関するセミナー中にローマで本日発表されたISTATデータに関するSVIMEZの詳細です。 SVIMEZとイタリアの欧州委員会の代表が主催する「Education&TrainingMonitor2017」から始まる議論。

イタリアの欧州委員会の代表であるDaria Ciriaci氏、ナポリ大学のOECDとGaetano VecchioneのFrancesco Avvisati氏は、SVIMEZのLuca Bianchi氏がコーディネートしたセミナーに参加しました。 次の議論には、SVIMEZのAdrian Giannola(Francesco Sinopoli)、FLC-CGILの長官、Roberto Torrini(ANVUR元元理事)が参加した。

分析と比較から、いくつかの州、特に南部のように、学校や職業訓練を放棄している4歳に1人の若い若者が出現している。 これは、労働市場へのアクセスをさらに困難にする南部のスキルが低すぎることにつながります。

学問的、教育的放棄の写真