革命Googleと音声ショッピング、Amazonでのような小売購入

ビュー

GoogleのAlphabet Inc.は、何百万人ものバイヤーから定期的に製品クエリを発行しています。 今、彼は顧客を助け刺激するために何かを実装したいと考えています。
米国のテクノロジー企業は、Target Corp、Walmart Inc.、Home Depot Inc.、Costco Wholesale Corp、Ulta Beauty Inc.などの小売業者と協力しています。
新しいプログラムでは、小売業者はGoogle検索、Google Expressショッピングサービス、携帯電話や音声デバイスのGoogleアシスタントに商品を掲載できます。
Googleの広告の見返りに業者や小売業者のロイヤルティ・プログラムをリンクし、小売業者は、GoogleにGoogleのプラットフォーム上で広告を掲載するには小売店でのお支払いが異なるそれぞれの購入の一部を支払います。
小売業者に対するGoogleの選択は、買い物客の購入決定に影響を与える可能性が高く、ライバルのAmazonとの競争に役立つ可能性があります。 Googleは、このプログラムが、小売業者がeコマースの次のフロンティアである音声検索を使用してデスクトップ、携帯電話、スマートホームデバイスでより多くの購入を獲得するのに役立つことを望んでいます。
このイニシアチブは、数千万人の消費者が「これはどこで購入できますか?」と尋ねる製品画像検索を投稿しているというGoogleの観察に端を発しています。 "どこで見つけることができますか?" 「どうすれば購入できますか?」 「どうすれば取引できますか?」 Googleの小売およびショッピング担当社長であるDanielAlegreは、ロイターに独占的に語った。
アレグレ氏によると、過去85年間で、製品の購入場所を尋ねるモバイル検索がXNUMX%増加しました。
しかし、アナリストによると、多くの消費者にとって現在のデフォルトの選択肢は、Amazonでの購入で終わるGoogle検索です。 Googleの新しいプログラムであるShoppingActionsは、あらゆる規模の小売業者が米国で利用できるようになり、小売チェーンが顧客を維持するのに役立つ可能性があります。

「私たちはアマゾンとは根本的に異なるアプローチを取っていますが、アマゾンのように、私たちは自分たちを小売りのイネーブラーと見なしています」とアレグレは言いました。 「私たちは、小売業者がより良い取引を推進し、消費者に近づくことができるようにするためのソリューションの一部としてあなたを見ています。」 膨大な数の選択肢を扱う消費者にとって、アイデアは、Amazonの優位性の重要な機能である単一のカートとインスタントチェックアウトを提供することにより、オンラインショッピングを簡素化することです。
小売チェーンも最高の提供のためにアマゾンに向けることができたものを維持し、それらに以前の購入履歴に基づいてパーソナライズされたアドバイスを与え、音声のショッピング機器Googleホームを経由して製品を提供することができます。
たとえば、携帯電話でGoogleでスニーカーを検索している買い物客は、小売業者のリストを表示して、GoogleExpressカートに追加できます。 その後、お客様はキッチンに立ち、Google Home音声デバイスを使用して同じカートに紙のティッシュを追加し、一度に購入することができます。
アレグレ氏によると、小売業者は30の顧客バスケットの平均サイズが拡大していることを見て、商用行動プログラムの最初の結果を示した。
CEOのメアリーディロン氏によると、Ulta Beautyの平均注文額はGoogleとの提携以来35%上昇しています。 Ultaは、MAC、Estee Lauder、Cliniqueなどのブランドのメイクアップおよびスキンケア製品を販売しています。
過去6ヶ月間、Targetは、買い手のGoogle Expressのバスケットの商品数が、インターネット企業とのリンクに続いて20%前後で平均的に増加したと述べています。

アナリストやコンサルタントによると、小売業者はまた、アマゾンの有名なEcho家電製品を中心に急成長しているボーカルショッピング市場への参入を熱望している。
昨年、ウォルマートとターゲットの両方がGoogleホームを通じて検索結果に表示されるようになりました。
Juniper Researchによると、Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートな音声デバイスは、55内の米国家庭の2022%にインストールされます。 AmazonのAlexaプラットフォームは、10内で2020億ドルの収入を生む可能性があるとRBCキャピタル・マーケッツが予測している。
「ブランドはGoogleを敵の敵と見なしているため、Googleは友だちになっています」と小売技術会社BoomerangCommerceのCEOであるGuruHariharanは、AmazonとWalmartやTargetなどのチェーンとの競争について言及しました。
ターゲットバイヤーは、「音声インターフェイスを使用して指を離さずにターゲットを回転させることの容易さと便利さを気に入っています」と、CEO兼デジタルマネージャーのマイクマクナマラは述べています。
「これはTargetとGoogleのほんの始まりに過ぎません」と彼は付け加えました。 マクナマラ氏によると、ターゲットの買い物客はまもなくオンラインアカウントとロイヤルティカードをGoogleアカウントにリンクして、購入が5%オフになり、送料が無料になるという。

革命Googleと音声ショッピング、Amazonでのような小売購入