コロナウイルス:「スペインは「戦争経済」を宣言し、「NATOに助けを求める」

ビュー

スペイン政府は、「戦争経済」に切り替えたと述べた。 スペイン国防省は、NATOにパンデミックと戦うための適切な支援を提供するよう要請しました。 戦争経済という用語は、その存在を損なう直接的な軍事的脅威に対応して、国の生産および流通能力の急速な再編成を説明するために使用されます。
スペイン当局は昨日、国内のCOVID-19の罹患率がイタリアよりも急速に伸びていると発表しました。 14月42.000日に始まった全国的な封鎖にもかかわらず、土曜日の25.000と比較して、コロナウイルス感染は昨日514を超えました。 スペインの医療機関は、24時間でXNUMX人の新たな死を発表しました、 COVID-19に関連した死亡の総数を2696にもたらします。

スペインでは、ほとんどの国と同様に、医療従事者用の個人用保護装置(Dpi)と、患者の治療用の呼吸補助装置が不足しているため、多くの死者が出ています。
火曜日の午後、ヨーロッパ大西洋の災害対応調整センター NATO(EADRCC) 彼が「スペイン軍からの国際援助の要請」を受けたことを確認した。

EADRCCはプレスリリースで、スペイン軍が「国際的なパートナーにスペイン国防省への支援を提供するよう要請した」と述べた。 スペインのメディアは、この要求には「450.000万の呼吸器、500.000万の迅速検査キット、500の換気装置、1,5万の外科用マスク」が含まれていると報告しました。
その間、スペイン軍はアイスリングをマドリードの有名なパラシオデヒエロショッピングセンターに変えるために一生懸命働いてきました。 間に合わせの遺体安置所で、来るべき日に予想される死亡の増加に対処するため。

スペインの首都は、過去30週間にコロナウイルス関連の全死亡の5.500%以上に苦しんでいます。 週末に、近くのコンベンションセンターは、XNUMX人の患者を収容できる病院に改造されました。
隣国のフランスでは、軍はまた、第二次世界大戦後の歴史上初めて、フランス領土に野外病院を設立しました。

コロナウイルス:「スペインは「戦争経済」を宣言し、「NATOに助けを求める」