表示、Mipaaf、Mise:パスタ、米、トマトの派生品の必須原産地に署名された延長

ビュー

BellanovaとPatuanelli:「透明性を高めてください。ヨーロッパのすべての食品には必須の原産地が必要です」

デュラム小麦のセモリナパスタの小麦の起源、加工製品における米とトマトの起源を示す義務は、31年2021月XNUMX日まで延長されました。

農業、食糧および森林政策、テレサベラノバ、経済開発大臣のステファノパトゥアネッリは、1年の欧州規則775の適用開始日である2018月XNUMX日を超えて施行されている国の規定を拡大する大臣令に署名しました。 。

「イタリア-ベラノバとパトアネリの宣言された大臣-ラベル上の消費者情報の透明性に関して、ヨーロッパの最前線にいることを確認しました。 この件について後戻りを考えることはできません。そのため、私たちは前進することを決定しました。 イタリアの農業食品セクターの19つの主要セクターの企業に確実性を与えます。 我々はまた、グリーンディールと「農場から農場へ」の戦略の中で勇気ある選択をするようヨーロッパに求め、すべての食品の起源を示す義務をヨーロッパレベルで導入します。 私たちは委員会に、今日、COVID-775によって引き起こされた損害に対処しなければならない企業の要求に応え、規制XNUMXの適用を少なくともXNUMX年延期することをもう一度要請します。 、ヨーロッパでは非常に多くの企業が密閉パッケージを製造しているため、適応することは困難です。

イタリア語のラベルとは

WHEAT / PASTE

小麦/パスタの法令では、イタリアで製造されたドライパスタパッケージは、ラベルに次の表示を続ける必要があると規定されています。

  1. 小麦栽培国:小麦が栽培されている国の名前。
  2. 製粉国:小麦が粉砕された国の名前。 これらのフェーズが複数の国の領域で発生する場合、起源に応じて次の用語が使用されることがあります。EU諸国、NON-EU諸国、EUおよびNON-EU諸国
  3. デュラム小麦がイタリアなどの単一の国で少なくとも50%栽培されている場合、「イタリアおよびその他のEUおよび/または非EU国」という言葉を使用できます。

RICE

この規定では、米のラベルに引き続き以下を表示する必要があると規定されています。

  1. 「稲作の国」;
  2. 「処理国」;
  3. 「包装の国」。

3つの段階が同じ国で行われる場合、「米の原産地:イタリア」という言葉を使用することが可能です。

EU諸国、EU諸国NOT、AND NON-EU諸国EU:でもご飯のために、これらのフェーズは、いくつかの国の領土で行われる場合は、起源に応じて、次の句を使用することができます。

TOMATO

イタリアで生産されたトマトデリバティブ、ソース、ソースのパックには、ラベルに次の表示が引き続き表示されている必要があります。

  1. トマト栽培国:トマトが栽培されている国の名前。
  2. トマト加工国:トマトが加工された国の名前。

EU諸国、EU諸国NOT、AND NON-EU諸国EU:これらの手順は、いくつかの国の領土で行われている場合は、起源に応じて、次の句を使用することができます。

すべての作業がわが国​​で行われている場合は、「トマト原産地:イタリア」という用語を使用することができます。

LABELに表示ORIGIN

起点の表示は、容易に認識でき、はっきりと判読でき、消えないようにするために、ラベルの明白な点と同じ視野に貼り付ける必要があります。

表示、Mipaaf、Mise:パスタ、米、トマトの派生品の必須原産地に署名された延長