MiPAAF:パトゥアネッリ大臣とスロベニアのカウンターパートであるJozePodgorsekの間の二国間

ビュー

会議の中心でのワイン、食品の表示、森林管理、釣り

本日、スロベニアのドブラ城で、農林水産政策大臣のステファノ・パトゥアネッリとスロベニアのカウンターパートであるホシェ・ポドゴルシェクとの二国間会合が開催されました。 会議の中心にあるいくつかのポイントは、ワイン部門を支援するための可能な共通の行動から、国境を越えた協力の機会、アドリア海の森林と魚資源の管理、食品の表示に関連する問題までです。

国境を越えたブドウの木の強化は、二国間での最初の問題でした。 パトゥアネッリ大臣は、この地域のワイン文化が想定する重要性と、ワインツーリズムをさらに発展させる必要性を強調し、スロベニアの大臣に、ユネスコの世界遺産にブルダ-コリオの領土を含めるための共同候補を提示することを提案しました。

食品表示の問題に関して、パトゥアネッリ大臣は、ニュートリスコアシステムに関して両国が提起した懸念に照らして、イタリアの提案に賛成して、食品の表示に関するスロベニアの立場の進化に自信を持っていることを強調した。 NutrInformバッテリーフロントパッケージの。

スロベニア側では、ヨーロッパのラベリングシステムは、典型的な製品にペナルティを課すことなく、さまざまな国の食習慣や伝統を考慮した、可能な限り完全な情報ツールを構成する必要があることが合意されました。

大臣は、水産業と森林管理の問題について、持続可能性のXNUMXつの要素である環境、経済、社会を強調しました。 最後に、会議中に、共同プロモーションを目的としたワイン部門の覚書に署名するという仮説に関連する問題が取り上げられ、当事者は後で更新することを約束しました。

訪問中、ステファノ・パトゥアネッリ大臣は、スロベニアのボルト大統領が参加した、イタリアとスロベニアの間のワイン協力の象徴的な人物であるズヴォニミール・シムチッチの生誕XNUMX周年記念式典に出席しました。 Ljubljanaの大使、Carlo Campanile、ローマのスロベニア大使Tomasz Kunstelj、およびKoper GiovanniCovielloの総領事。

MiPAAF:パトゥアネッリ大臣とスロベニアのカウンターパートであるJozePodgorsekの間の二国間